研究シーズ

自然発症疾患解析とコモンマーモセット獣医学的管理に貢献します

キーワード
獣医病理学イヌネココモンマーモセット皮膚科学アトピー性皮膚炎
研究者名 峰重 隆幸 助教
所属

グローバルアグロメディシン研究センター/獣医学研究部門

研究域獣医学研究部門/基礎獣医学分野/形態学系

専門分野 獣医病理学
メールアドレス
関連サイト http://univ.obihiro.ac.jp/~vet-pathol/

研究内容の特徴

非ヒト霊長類の実験動物であるコモンマーモセットの獣医学的管理のコンサルテーションにより、医学・生命科学研究の進展に貢献いたします。

 これまでマーモセットや伴侶動物(イヌやネコ)の自然発症疾患の病理学的解析をおこなってきました。

技術アピール・マッチングニーズ

  1. 病理学的研究手法(ISH, IHCなど)
  2. マーモセットの獣医学的管理法のコンサルテーション(自然発症疾患の病理解析, 疾患管理法, 超音波検査法など)

参考資料等

イヌのアトピー性皮膚炎の病変部
赤色に可視化されるペリオスチンmRNAの近傍に
青色のIL-13 mRNA陽性細胞 (矢印, Th2細胞) が確認される。
二重 In situ hybridization法
T. Mineshige et al., J. Vet. Med. Sci. 80(1): 103–111, 2018
コモンマーモセットのファミリー
母親だけでなく、父親や年上の兄弟も子育てに参加する。
©︎ Copyright2021公益財団法人実験動物中央研究所
https://www.ciea.or.jp/laboratory_animal/marmoset.html