研究シーズ

家畜管理の自動化機械化各種センサーを利用した家畜管理

キーワード
研究者名 齊藤 朋子 助教
所属

畜産フィールド科学センター/スタッフ

研究域生命・食料科学研究部門/家畜生産科学分野/生産管理学系

専門分野 家畜管理学家畜行動学総合馬学

研究内容の特徴

家畜(特に乳牛)管理のための行動や生体情報のセンシング

北海道和種馬を題材にした現代社会における馬の活用

技術アピール・マッチングニーズ

  1. 牛の行動や体温などの生体情報を自動でモニタリングできれば、省力化やよりよい管理が可能です。各種センサーによるデータ収集と同時に実際の牛の行動や生体情報を取得することで、モニタリング技術の向上につながる研究をしています。
  2. 北海道和種馬はもはや希少家畜であり保護が必要です。障がい者乗馬など、北海道和種馬が社会で活躍できる場を用意することで、保護に繋げる研究をしています。
  3. 放牧されている家畜の行動観察にドローンが利用できないか、馬を題材に実際にドローンを飛行させて映像を録画し、行動を観察・記録・分析する方法を検討しています。