研究シーズ

細菌の運動能と分泌装置に着目した感染症対策

キーワード
細菌分子モーター運動
研究者名 楠本 晃子 助教
所属

動物・食品検査診断センター/食品有害微生物分野

研究域獣医学研究部門/基礎獣医学分野/応用獣医学系

専門分野 細菌学分子生物学魚病学
メールアドレス

研究内容の特徴

細菌の運動能と分泌装置の分子メカニズムに関する研究を行っています。

技術アピール・マッチングニーズ

細菌感染症の対策は抗菌薬による治療が主流です。しかし、耐性菌や多剤耐性菌の出現が問題となっています。近年、細菌の運動能や分泌装置が感染に関与していることが分かってきました。これらに着目した、新しい切り口での細菌感染対策に貢献することを目指しています。

参考資料等

滑走細菌症を発症したマダイ稚魚。
滑走細菌症の原因菌Tenacibaculum maritimum。本菌は滑走運動を行う。