研究シーズ

感染症の機序を分子レベル明らかに

キーワード
感染症病原細菌・毒素細胞内侵入
研究者名 廣井 豊子 准教授
所属

研究域獣医学研究部門/基礎獣医学分野/応用獣医学系

専門分野 分子細胞生物学感染症学微生物学
メールアドレス

研究内容の特徴

主に培養細胞を用いて、人獣共通感染症や食品由来感染症などヒトにおける感染症の感染機序や病原性発現機序を解明しようとしています。また、迅速、簡便な病原体検出法開発も行っています。

技術アピール・マッチングニーズ

  1. 細胞骨格/膜輸送系細胞内シグナリング因子の動態解析 – ヒト及びマウスの培養細胞を用い、病原体あるいは病原因子暴露時のHost細胞における細胞骨格/膜輸送系細胞内シグナリング因子を中心に解析。微生物や病原因子のHost細胞侵入のメカニズムの解明を介して、感染症の新規予防薬や治療薬の開発研究の足がかりとなる重要因子の同定につながる可能性があると考えています。
  2. 遺伝子検出による簡便かつ迅速な病原体検出法の開発 – 新規検出法の開発、食品及び動物組織を用いたスクリーニング

参考資料等