Workplace Vaccination of COVID-19  to be conducted by OUAVM

In order to resume safe education and research activities as soon as possible, we have decided to conduct Workplace Vaccination of COVID-19 at OUAVM. OUAVM have applied for the Workplace Vaccination to relevant ministry, and waiting for their reply. Although we are not sure of the amount of vaccine we are receiving from the government or the schedule, we decided to start accepting application for those who wish to receive the vaccine. If you wish to receive the vaccine at OUAVM, please check “Workplace Vaccination of COVID-19” which is indicated below.

This vaccination is not compulsory, and all members of the university are reminded not to discriminate against anyone who is not vaccinated.

Workplace Vaccination of COVID-19

※For Questionnaire, please fill in the Original form (Japanese form) by referring to the translations of the official form in Japanese.

帯広畜産大学の新型コロナワクチン接種について

 本学では、安全安心な教育研究活動を一刻も早く再開するとともに、ワクチン接種に関する地域の負担軽減に貢献するため、学生・教職員等を対象とする「職域接種」を実施することとし、関係省庁に対して申請を行っているところです。
 現時点において関係省庁から実施可能時期等の連絡は受けておりませんが、準備の都合上、本学における「職域接種」の希望者を把握したいと考えております。ワクチン接種を希望する人は下記の「帯広畜産大学の新型コロナウイルスワクチン接種について」の内容を確認して申し込みをお願いします。また、接種期間等に変更が生じた場合は改めて変更内容等を通知いたします。
 なお、ワクチン接種は決して強制ではなく、あくまでも本人の意思に基づいて行うものであり、大学がワクチン接種を義務化したり、接種しない者が不利益を受けるものではありません。

帯広畜産大学の新型コロナウイルスワクチン接種について