○ラグビーとは


どんなスポーツ?

合宿 15対15で戦う球技です。パス、キック、ランなど様々なスキルを駆使して前進し、得点を目指します。
ラグビーの魅力はなんと言ってもコンタクトプレーと高い戦略性です。体が強い人やスキルが高い人、頭のいい人など様々な要素があるんです。 得点をとるために15人全員がそれぞれの役割を果たし、体を張る熱いスポーツです。



主なルールは?

15人のプレーヤーは全員で他の球技と同じようにボールを奪い合いながら前進し、相手のインゴールを目指します。相手のインゴールの中で地面にボールをつけたら「トライ」で5点!他にもキックによる得点方法がいくつかありますが、それは追々。

また基本的なルールでは、

  • ボールを持ったらいくらでも走っていい。
  • ボールを持ってる相手にはタックルをして動きを止めてもよい。
  • ボールはグラウンドに対して横か後ろなら投げてよい。
  • ボールは前に蹴ってもよい(制限つき)
色々難しいですね…。トライシーンを集めた動画を載せました。見るが早し!ということで参考にどうぞ!



ポジション紹介

ラグビーにはたくさんのポジションがあります。それぞれ個性があって面白いんです!ちなみに1〜8までがフォワード、9〜15番までがバックスと呼ばれています。フォワードは体が大きく力強いプレーを、バックスは足の速さやボールの扱いに長けたプレーを得意とします。それぞれのポジションの紹介を、うちのメンバーにしてもらいましょう!



■プロップ 1、3番
プロップ 「院2年PRの安孫子です。スクラムの最前線、俺がやらなきゃ誰がやる、近場では絶対負けない、そんな感じでポジションに誇りもってやってます。
お腹のお肉は贅肉じゃありません!、大事な重りなんです!!」

だそうです。スクラムというのは反則の後ゲームを再開する方法のひとつで、とても重要なんです。その最前線で体を張るプロップは一番体が大きいことが多いですね。頼りになるんです!



■フッカー 2番
フロントロー  フッカーは現在いないので、筆者が…
 スクラムというのを組むときに、2人のプロップの間に並んで相手と直接ぶつかるポジションです。そのためプロップ同様体が大きい選手がやることが多いのですが、他にボールを扱う仕事も任されることが多いので、同時に器用さが求められます。
 なので一般に上手で強い人がやる、重要なポジションですね。

写真は2014シーズンの(右から)1,2,3番です!とても強力なフロントローでした。



■ロック 4,5番
ロック 「3年のともひろです。
身長が高いプレイヤーがやることが多く、キックで高く上がったボールのキャッチやラインアウトのジャンパーなど空中戦において力を発揮する。また、スクラムをしっかりロックし押す原動力ともなるポジションなのである。フィールドプレイでは、激しくも寡黙に仕事をこなしますが、時には豪快なプレーもしちゃいます!」

常に激しく体を張りながらも時には空を飛んでボールを確保する、とても男らしくてかっこいいポジションなんですね!写真もとっても勇ましいです。



■フランカー 6,7番
フランカー 「院1年FLの嶋田です。走って走って走りまくる!そして様々なプレーが求められる、チーム1の当り屋!それがフランカーだ!!」

 フランカーといえばタックル!!写真でも低い姿勢で相手を狙っています。色々な場所に顔を出しタックルをしてボールを奪う、機動力の高いポジションです。




■NO.8 8番
エイト 「4年の塚です。NO.8はフォワードみんなの統率をとったり、一番に相手にぶつかっていく切り込み隊長です。また、フランカーと同様に運動量や、バックスのようなパスも必要な仕事屋ですが、何よりもボールを前に運べる強さが大事です。一応、花形と言われることが多いポジションですね。」

タックルをかわしたり押し返したりしてボールを前に運ぶことは、ラグビーではとっても大事なプレーです。NO.8は特にその役割が大きいということですね!



■スクラムハーフ 9番
ハーフ 「畜大ラグビー部のSH(スクラムハーフ)をしています、獣医5年?6年?(笑)の桜井大地です!
SHとは!
オフェンス時の役割は、攻撃の起点になることです。SHがボールを持って、パスしたりすることで味方の攻撃が始まります。どのタイミングで、誰に、どのようなパスを放るかで味方の攻撃を成功に導きます!(難しいorz)
ディフェンス時の役割は、相手の動きや味方の動きをよく観察して、ディフェンスのやり方の指示を出したりします!」

スクラムハーフの仕事はとにかくパス!しかし、ただパスをするんでなく状況判断が必要ということなんですね。難しいorz



■スタンドオフ 10番
スタンド 「院1年貝沼宏太郎です。
高校のときバレーボールのセッターやってました。その流れでラグビーもスタンドオフをやっています。そう、スタンドオフは司令塔です!パス、キックすべての技能を兼ね備えられるようがんばります。」

スタンドオフはハーフから最初にボールをもらうことが多く、そのためどこをどう攻めるか、誰にパスをするか、キックで陣地をとるのかなどを判断することが多いんです。難しい分、スター選手にはスタンドが多く花のあるポジションです!



■センターバック 12,13番
センター 「3年の吉田です。
連携したプレーや相手の動きに合わせたディフェンスなど攻守の力が必要なポジションです。バックスの中では相手とぶつかることが多いポジションですね。 自分は勢いのある走りの攻撃が持ち味です!」

スタンドと一番外にいるウィングを繋ぐ場所にいることが多いので、確かに連携は大事ですね!持ち味をいかして今シーズンも頑張ってほしいです!



■ウィング 11,14番
ウィング ウィングは現在いないので、筆者が…
ウィングはトライの取れる美味しいポジションですので、足にちょっと自信のある人なんかにオススメです。
また、「小さな人間には大きなスペースがある」という言葉が残されているように、体の小さい人でも活躍できるポジションです!

この名言はウェールズの英雄、シェーン・ウィリアムズの言葉ですね。素晴らしい言葉です!この通り、ラグビーは色んな体格の人ができるスポーツなんですよ!

■フルバック 15番
フルバック フルバックは現在いないので、筆者が…
仲間の一番後ろの場所にいるポジションで、ディフェンスにおいて「最後の砦」なんて言われたりします。後ろから指示をだしたり、相手のキックを警戒したり、大事なポジションなんです!オフェンスのときは場所にこだわらず、自由に動いて敵を翻弄することも。日本代表の五郎丸選手がこのポジションです。



■マネージャー

「4年MGの平野です。
練習のサポートはもちろん、試合のときには、ビデオやスコアだけでなく、グラウンドに走り込んでプレイヤーの補助をするのもラグビー部のマネージャーの大切な仕事です。
他のスポーツよりもプレイヤーとの協力が必要になると思いますが、その分やりがいがあります!!!」

畜大ラグビー部では、マネージャーは重要なポジションです。彼女らのサポートがあるからこそ部活が成り立っているんですから!試合のときも、チームが一体となるからこそ選手が力を出せるんですね。感謝ですm(___)m