なわばりから群れへ


人間は独りでは不完全な、あるものである。幸福になるには、第二人者を見つけなければならない

パスカル:愛の情念について(17世紀中頃)

動物は、愛と同情のほかにも社会本能と結びついた性質、人間でなら道徳と呼ばれる性質を表す:犬が良心によく似た何かをもっているとする点で私はアガシーの意見に賛成である。犬は何らかの自己規制の力をもっているのだが、それが恐怖だけから来るようには見えないのである。

社会本能は、幼い動物が両親と長いこと一緒に暮らすことによって進化してきたのだろう。だから、社会生活によって感じられる歓びはおそらく親の愛情や子どもの愛情の延長なのだ。この延長は一部は習得によるものだが、基本的には自然淘汰によって備わったものと思われる。(p.88)

ダーウィン 人間の由来(と性に関連した淘汰)
第二版 1871より(訳書あり)

ゾウやイルカ、キツネザルが信じられないぐらいにお互いにとてもよく援助しあうことから、こうした傾向が多くの哺乳類によく発達していることはすぐ理解できます。世話を焼いたり同情したりする性質は、類人猿--人間の系統より遥かずっと昔に溯るのです。

France De Waal, Good Natured The Origins of Right and Wrong
in Humans and Other Animals, 1996 より(訳書あり)

私たちのこころは、体験を通じて発達していきます。それは、予め遺伝的に備えられた人間固有の心的パターンを素材に出発します。その素材は人間という種に固有であることはもちろんですが、赤ん坊の容貌が個性的であるように、既に個性的であると思われます。生後の個別の体験は、この個性的素材に磨きをかけ、本人にしか味わえない具体的なこころをかたちづくります。

(→「人間の本性と体験」

こころが遺伝的基盤をもっているということは、それが人類と霊長類の歴史の刻印を受けているということでもあります。
ここでは、私たち自身のこころの内面(感情や本能の動き)が、人類の系統に至る霊長類の社会進化と密接に関係していることについて考察します。私は、この社会進化(したがって、こころの進化)の起動力が育児負担の増大であるとする川村俊蔵の仮説が、最も合理的な説明であろうと考えます。

    人類進化の系統(系列)で、社会構造がどのように進化してきたかを探る一つの試みが、今西錦司をリーダーとして始められた日本の霊長類学であろうと思われます。私は霊長類学者ではありませんから、詳しくは文献1人類進化論研究室へようこそ(京大)を参照して下さい。
なわばり根性(排他性、自己防衛本能)

人間の奥深くに潜み、絶えることなく続いている利害対立の主な要因となっている「なわばり根性」(現代の社会形態では、プライバシー権とか財産権として保護されることになっている)を思い浮かべるだけでも、われわれの祖先が、まずはなわばり生活者として出発したことは容易に想像できます。

個人間の利害対立は、自分の利益(えさ(なわばり)や子ども、パートナー)を守るために他者を攻撃するという形を取ります。攻撃本能が自己防衛本能(自己保存本能)と固く結び付いていることがわかります。この性向が遺伝的に弱い個体が、子孫を存続させる上で不利なことは明らかです。事実、現在の人間(すべての動物)はすべて、自己防衛本能をきちんと(遺伝的に)身につけているのです。

    現代日本の異常の一つは、各人の自己防衛本能がむき出しになっている、という点にあります。ちょっと肩が触れた、人の鞄が足に触った、庭に隣の猫が侵入した、、、、という些細なことで「カッ」ときてしまう。しかも、それを抑えることができずに攻撃する。このような人々は、常に有形無形に攻撃され続けてきた人々です。他人が「赤の他人」ではなく「敵」になっています。
    住みよい社会とは、自己防衛本能をむき出しにしないで済む社会のことでしょう。

利己と利他
爬虫類のようになわばり構造しかもたない場合、そのなわばり性向を利己的とは言いません。利己性は利他性の対概念であるからです。悪がなければ善もないし、醜がなければ美もないのと同じことです。言い換えると、なわばりを張るという選択枝しかない場合、つまり、なわばりを張るしか余地はないし、予め決定づけられている場合には、なわばり行動=利己的行動とみなすことは、「利己性」という言葉の誤った拡張適用なのです。

全く同じことは、利他性についても言えます。生物学的には、自己自身の進化的利益を捨てることによって他者の進化的利益を増す行為を、利他行動と呼ぶことができます。

  • なお、本ページでは行動の結果(進化的利益の増減)にのみ着目して利己性と利他性を考察し、行動の心理的動機を無視しますがますが、欲望と規範の生物学ではこれとは逆に行動の結果を無視して心理的動機にのみ着目して考察します。

  • 働き蜂の利他的行動はよく研究されており、確かに、上に定義したような利他性を示します(自らは子孫を残さないのに、女王蜂の繁殖のために貢ぐ)。しかし、実のところは、働き蜂にとってはそれしか選択の余地がないという点では、爬虫類のなわばり行動と(行動の外面的性格は裏腹の関係にありますが)全く同じです。

利己と利他という言葉(概念)は、善悪の価値判断を含んだ言葉として用いられてきました。したがって、そこには、利己的行動をとるか利他的行動をとるか、当該の主体にとって選択(または判断)の余地が与えられているのでなければなりません。

    爬虫類のなわばり行動を利己的と呼べば、爬虫類には悪者イメージがまとわりついてしまいますが、爬虫類の世界ではなわばり行動が「健全な」行動です。それを、擬人的に悪者イメージをかぶせるのは合理的でありません。
    働き蜂による女王蜂援助行動を利他的と呼べば、働き蜂に「殉教者的」「善玉」イメージや「可哀相」的なイメージをかぶせてしまうことになりますが、その行動は働き蜂の生物学的使命そのもの(遺伝的に決定付けられている)であり、それと矛盾したことをする余地は初めから微塵もないのです。

    利己と利他という言葉を動物界に拡大適用するためには、少なくとも利己的行動と利他的行動の対立が生ずる局面が存在しないとならないでしょう。その局面では多くの場合、例えば哺乳類の母親が外敵から無我夢中で(無自覚的に)わが子を守るように、選択は無意識的に(非意図的に)行われるものと思われます。

      しかし、人間はしばしば衝動的に振る舞うことがある。蜜蜂や蟻が盲目的に本能に随って振る舞うのと恐らく同じような仕方で、喜び(快楽) pleasure などを全く意識することなく本能や長く培われた習性などから振る舞うのだ。火事の時のように極度に危険な状況のもとで、人間が一瞬のためらいもなく仲間を救おうとしている時、喜びを感じるなどということは殆どできないし、救おうとしなかったらあとで後悔するかもしれないなどと考える時間はさらさらないのだ。あとで自分の行為を思い起こせば、喜びとか幸せを追い求める願望とは大きく異なる衝動的な力が自分の中にあったことを感ずるだろう。この力こそ、人間に深く植え付けられた社会本能なのだろう。(p.102)
      ダーウィン 人間の由来(と性に関連した淘汰) 第二版 1871より(訳書あり)

      本能的であろうがなかろうが、選択枝があるという点が重要です。

母親の育児負担の強化

私たち霊長類が、他の哺乳類に比べ、からだの大きさ(サイズ)の割にはずっと長生きするのをご存知ですか?平均寿命もそうですが、ここで問題にしているのは、生理的限界寿命のことです。つまり、最大限どれだけ生きられるか、の最長寿命です。

    本川達雄「ゾウの時間 ネズミの時間」は、哺乳類の生理的限界寿命を決めるのはサイズなのだ、と結論していますが、これは誤りです。霊長類やコウモリは、彼が援用している式(アロメトリ則)の顕著な例外です。この例外に触れることを避けるどころか、この例外が存在しないかのようにして求めたのが、彼が援用した生理時計学派(生物リズムとは関係ありません)の式です。詳しくは、異説「ゾウの時間 ネズミの時間」を参照して下さい。
生理的限界寿命だけではありません。妊娠期間、赤ん坊期間、こども期間、成熟期間、、、のどれも、つまり生活史全般に亙って、霊長類は、サイズの同じ他の哺乳類と比べ、延長しているのです。つまり、発生全般が遅れています(発生遅滞)。このことは、霊長類だけの特徴ではなく、ウサギのように、死亡率の高いものたちは、サイズの割に生活史全般が速くなる傾向をもっていますし、一回に多くの子どもを産む傾向があります。ゾウは、サイズが大きいのでそれだけで生活史全般に時間がかかりますが、仮にゾウと同じサイズをもつ哺乳類が他にいたとし、またその哺乳類が平均的な生活史パターンをもっていたとしたら、ゾウはそれに比べても生活史が遅延しているのです。このことを、ゾウはサイズの割に生活史全般が延長している、というのです。

ここで、一見関係のなさそうなことを述べましたが、実は社会構造の進化にとっても(したがってこころの進化にとっても)大いに関係があるのです。発生遅滞を起こしている霊長類や、コウモリ、ゾウなどは、サイズの割に母親の育児負担が強化されているからです。妊娠期間と赤ん坊期間(授乳期間)は、哺乳類の母親にとってミニマムの育児期間です。

    チンパンジーやゴリラなどの類人猿は、霊長類の中でも発生遅滞の大きいものたちです。
    人間は、類人猿より更に発生遅滞を起こしています。
    そして、この発生遅滞は、サイズの割に大きな脳を生みます。
育児期間の延長は、一方で母子の紐帯を強めます。また、母親の負担が増大しますから、どうしても母親だけでは育児できない社会状況を生むのです。したがって、人類の系統に至る、なわばりから群れへの社会構造の進化の上では、この育児負担を誰が援助するか、という点を軸にして展開してきた、と思われるのです。個体は、基本的に排他性(なわばり根性)をもっているという点に留意して下さい。

群れ本能(利他性)
なわばり根性の対極に、祭りや集団スポーツなどで見られる集団的狂喜(乱舞)や、家族、友人、愛人に向けられた「静かな」愛情があります。個々に少しずつ異質なものを含みますが、どれも群れ生活者としての生活に密接に関係していますから、群れ本能、社会本能と呼ぶことにします。群れ全体または群れ内部のメンバーどうしの絆を高める働きをもっています。

では、この絆の外との関係はどうなるか。絆が強まれば強まるほど絆の外に対しては疎外的になります。また、外からの脅威が強ければ強いほど、絆が高められていきます。つまり、絆が強ければ強いほど(愛情が深ければ深いほど)、自己が絆(群れ、家族、友人、愛人、、、)自身に昇華され(一体化され)るため、自己を無意識的に守るということとほとんど同じ本能によって絆を守ろうとするのです。

絆をつくる愛情は、外敵に晒されない限り、外に対しては無関心です。しかし、ひとたび外敵の脅威を感じると、愛情は更に深まるとともに、外敵に対する憎悪を募らせていきます。恐怖心が強まれば強まるほど、愛も深く憎悪も強くなっていく。

群れという社会形態は、個体の利他性や愛情の進化とあい携えて(相互増幅的に)進化してきたはずですが、それは個体の自己防衛本能を消滅させるかたちで進んできたわけではないことが、以上の考察から明らかです。自己防衛本能を残したまま、新たに愛情を付け加えたということでしょう。

    自己防衛と利他愛との関係を表す大脳回路モデル

    神経回路をイメージして想像してみることにします。自己防衛本能や攻撃本能を司る運動系の神経回路と、愛情を感じる感情回路、及び「愛情を感じる他者」を認知する知覚系の神経回路の三つが相対的に独立した回路として機能しているものと思われます。このほかに、この三つの独立した神経回路をつなげる神経回路が必要です。

    • 他者認知回路とは別に自己認知回路が自己防衛回路や愛情回路と常時連結していて、利己的行動や利己的欲望のメカニズムとなっているものと思われます。

    • 他者認知回路と愛情回路の相互交流は条件依存的に(体験を通じて強められたり弱められたりします。愛情回路の神経インパルス頻度(愛情)を高める他者ほど、自己防衛回路の神経インパルス発火頻度を高めるような結合回路を築きます。このため、我が子に対する危険の認知は自己防衛回路を強く活性化し、自己自身を防衛する場合よりも激しい攻撃特性が発揮されることになります。

    愛するものを認知できないとき、誰かを愛したいという(自覚的であるかどうかは別にして)潜在的な不満感を感じます。これは、愛情回路の回転不足(神経インパルス発火頻度の停滞)によって自己防衛回路と愛情回路の相互交流が抑制されるためなのでしょう。

    また、愛を実感している状態というのは、↑の三つの回路が連合回路を通じて相互交流している時でしょう。愛が深いほど連絡(相互交流)が強固になり、意識の潜在下では、他者に対する愛と自己防衛的な自己愛との区別が小さくなっていくものと思われます。この状態で、この連絡を絶ちきろうとする第三者や危険因子を認知すると、反発回路によっていっそう連絡が強化されます。

    もちろんこれは仮想的モデルですが、人間の愛の一つの側面を説明することができています。

群れへの進化において個体としての排他性は部分的に緩和される必要がありました。しかし、個体的排他性の代わりに群れとしての排他性が新たに生まれたといってよいでしょう。つまり、個体は二つの側面で排他的となったのです。

  • 個体としての排他性は、種内の全個体に対して向けられますが、群れメンバーに対しては友好関係の度合いに応じて緩和されています。

  • 群れメンバーとしての排他性は、他の群れ(のメンバーたち)に向けられます。この排他性は群れの結束が強いほど強くなります。ここで言う群れは、精々数十名程度の小さな部族です。二千億年以上に亙る祖先霊長類や原始人類の進化において、生活の単位はこうした部族であったと思われます。

      自然淘汰の単位は個体です。しかし、一つの種がたくさんの群れからなっている場合、他の条件がすべて同じなら、結束の強い群れほど進化的に有利なことは明白です。つまり、群れもまた自然淘汰の単位であることは、確からしいように思われます。特に、例えば哺乳類の母子の強い絆、例えば、少なくとも母親は子供の危急を自分自身と同じかそれ以上の怒りをもって救おうとする事実を考えるなら、母子が進化的利益を共有する一体的な生物なのだ、とみなしても差し支えないように思われます。



文献1
川村俊蔵  霊長類の社会 霊長類学入門(江原他編、岩波書店)所収、1985
    霊長類の進化は、単独生活と、哺乳類としてはきわめて発達の悪い家族性とのミックスから始まったものと考えられる。時は中生代の末期から新生代へ移り変わるころ、・・・中略・・・オス、メスそれぞれ単独でナワバリをもち、ある期間のメスによる育児があるだけとは単純な社会である。・・・中略・・・{家族性へ移れない}まどろっこしい状態が、歴史的に長く長くつづくのは、ひとつは育児期間が短くて、メスの負う負担がまだ軽いこと、そしてオスとメスとの間に密接な交渉を許し、オスが家族の保護者として行動してゆく習性的特性(ethological traits)が、発達していないからである。(248ページより)

    霊長類社会の発展の第2過程は、個体から群れへではなく、本格的なツガイ家族へ向っての進化としてあらわれた。この点では伊谷と同じ意見である。しかし夜行性や昆虫食とはまず関係がないと考える。・・・中略・・・

     さてツガイへの発展は、夜行性や昆虫食と関係なく、ツパイ型のオス・メス重複生活を基礎にし、たぶん巣を拠り所に行われた。トリ・イヌ科動物・ビーバーなど、巣とツガイ性との関連は、かなり一般性をもっている。・・・中略・・・育児するメスが、ナワバリの防衛などでオスに依存するようになる。明らかに育児期間の延長と関数関係をもちながら、徐々に両性間の個体的傾向を乗りこえる新しい習性群が発達してきたと考える。オスに関しては、父性の誕生である。(249ページより)

伊谷純一郎 霊長類社会の進化  平凡社、1987

河合雅雄  人間の由来 上下  小学館 1992

進化的利益

    個体の生存率や繁殖率を増すこと

    適応度とは異なる量であることに注意して下さい

適応度(=繁殖成功度)

    ある特定の個体が次代に残す繁殖可能な子孫数の遺伝的期待値

    遺伝的形質であること、期待値であることに注意して下さい。

    この値が環境に依存することも明白です。ここでの環境とは、当該の個体にとっての環境ですから、物理的環境はもちろん、種内関係(社会)や種間関係などの生物的環境も含みます。

利他行動

    岩波生物学辞典第4版では、間違った定義が与えられているようです。

    「ある個体が自己の生物的な不利益にもかかわらず他個体に生物的な利益を与える行動。このような現象を一般に利他現象(altruism)、利他行動を示す個体を利他的個体(altruist)とよぶ。」ここまでは正しい定義です。問題は、すぐ次の定義です。

    「生物的な利益・不利益を測る尺度としてはふつう個体の適応度を用いる。」

    こうして、次のような文章が記述されることになります。

    「なお他個体の適応度を低下させ自らの適応度を増加させる行動を利己行動(selfish behavior)、自他双方の適応度をともに上昇させる行動を協同的行動(cooperative behaviorm, mutualism)とよぶ。」

  • これは看過できぬ重要な誤りを含んだ規定です。適応度が遺伝的形質であるのは明白であるのに、個体は行動を通じて自他の遺伝的形質を変化させる(能力を持っている)のだ、ということが↑の定義の論理的帰結の一つだからです。遺伝的形質(つまり適応度)は個体が生まれ落ちた時に親から引き継ぐ形質ですから、自他の適応度を変化させる為には遺伝子の作為的改変が必要です。

  • 遺伝子の作為的改変がなくても(当該個体の)適応度が変化する場合があります。それは、当該個体の生存中に物理的・生物的環境が 変化する場合です。例えば、社会事情の悪化によって医療活動が急激に低下する場合、病弱な遺伝的形質を持った人々の適応度は明らかに低下するからです。しかし、例えば、あなたが特別に人よりも余計に利他行動を受けたとしても、あなたの適応度があがるわけではありません(あなたの生存率や繁殖率はあがっているはずですが)。ゲノム内容が不変一定である時、その適応度を変えうるのは(当該個体と相互作用をもつ)環境の「変化」のみです。行動面に限定して言えば、適応度を変えうるのは(当該個体と相互作用をもつ)他者の(社会の)行動の「変化」であって、行動そのものではないし、まして自己の行動にはそのような力は全くないのです。

  • より簡潔にこの定義の誤謬の所在を指摘しておきましょう。「個体」は一代限りの生命(すべての生命は一代限りですが)であるのに、「適応度の変化」は歴史的過程であるという点です。適応度が変化した暁には個体は生存していない、、、つまり、時間スケールを異にする二つの過程を結び付けていることに基本的な矛盾が存在します。

    • 「適応度」概念を用いたままでこの矛盾を避ける一つの方法は、適応度という生物学的属性をになう能動主体として、 一代限りの個体(行動)をとる代わりに継代的に伝達されていく「遺伝子」をもってくることです。

      • ただし、こうすると今度は、生命観から「能動主体としての個体性(=生命)」が抜け落ちてしまいます。こうして、不活性な遺伝情報があたかも生命の実体(主体)であるかのような印象を与えてしまう、「個体は遺伝子の乗り物」論的な生命観を展開するドーキンスの「利己的遺伝子論」ができあがります。

      • ドーキンスの利己的遺伝子論のもう一つの誤りは、心理学的・行動学的な用語として世間に定着している「利己性」という言葉を遺伝的メカニズムの一つの属性を表す為に拡大適用したばかりか、その同じ用語を心理学的・行動学的なメカニズムを指す場合にも適用したという点にあります。つまり、同じ言葉が同一書物で大きくかけ離れた意味で用いられているのです。こうして、例えば、

          ・・・ドーキンスは彼の比喩は比喩ではなく、本当に遺伝子は利己的なんだ、と弁解し、利己性をどのように定義しよう と勝手だ、と言い張った。しかし、彼は、用語を全然異なった分野から借用し、とても狭い意味でそれを使ったのだ。こんなことが許されるのは、二つの意味がどんな時でも交錯しないときに限られるだろう;だが、不運なことに、二つの意味は混合し、このジャンルの幾人かの著者は、「ひとびとが彼ら自身のことを非利己的だなどと言おうものなら、おお!貧しい魂よ!汝は自己欺瞞に陥っているに違いない」とまでほのめかすまでにもなったのである。

          France De Waal, Good Natured The Origins of Right and Wrong
          in Humans and Other Animals, 1996 より(訳書あり)

          事実、ドーキンス自身が次のように言明しているのです。

          ドーキンス(「利己的な遺伝子」223ページ): 私の議論から人間的なモラルを引き出すとすれば、次のようなものとなろう。 私たちは、子供たちに利他主義を教え込まなければならないのだ、ということである。子供たちの生物学的本性の一部に利他主義が組み込まれていると期待するわけにはゆかないからである。

          • 遺伝子は「利己的」であるのに、ある種の動物は何故「利他性」を備えるように進化したのか?という疑問が進化生物学の基本テーマであったはずです。後者の「利他性」はもちろん行動的な利他性です。また、ある種の動物のうち、人間は「利他性」の発達した動物の最たるものの一つです。↑のドーキンスの言明は、我々人間の遺伝子は「利己的」なのだから行動学的にも「利己的」でしかありえない、という極めて幼稚な論理的誤謬を冒しているのです。もちろん、人間も利他性を事実として備えていますから、彼の言明は客観認識としても誤りです。

          • 序でに、訳者の日高敏隆氏のあとがきから引用し、この用語法がいかに誤謬を広めることに寄与するか、みておきましょう。
            日高敏隆: 大ざっぱにいえば、すべての利他的行動は、本来利己的で自分が生き残ることだけを「考えている」遺伝子によって司令された完全に利己的な行動に他ならないのだ。これはいささか逆説めいて聞こえるが、、、

            • 「利他的行動」は、心理・行動メカニズム(日常的用法)を指していますが、後半で使われている「利己的な行動」は、「利己的な遺伝子によって司令された行動」と書くべきところでしょう。そこを、敢えて「利己的な行動」というように、利他的行動と同格の概念であるかのように表現して、(読者を)惑わせて喜んでいる(遊んでいる)のか、日高自身が混乱しているのか、私には知る由がありませんが、、、?

    • 現実態と可能態の区別: 自然淘汰は個体の適応度を上げる形質(手段、方法、遺伝的メカニズム)を進化させます。動物における攻撃本能はそのような遺伝的メカニズムの一つです。「攻撃本能は自己の適応度を高める」という言明と、「攻撃本能は自己の適応度を高める形質である」という言明とでは質的な違いがあることに注意して下さい。前者の「攻撃本能」は現実態を表しているのに対し、後者の「攻撃本能」は、「形質である」という限定がつけられていることによって、可能態を表していることになっているからです。この違いにより、「適応度を高める」という言葉の具体的内容は両者で異なってくるのです。つまり、前者の「攻撃本能」(現実態)が適応度を高めるというプロセスの原因を表すことになるのに対し、後者の「攻撃本能」(可能態)は適応度の構成因子の一つを表していることになるのです。つまり、後者の「攻撃本能」(可能態)は、それを備えていないよりも備えていた方が個体は適応度が高くなるという意味で「高める」という言葉が使われているのです。

    • 利他行動の定義通覧: 因みに、手許にある書物から「利他行動」の定義を抜書きします。

      • E.O.ウィルソン「社会生物学」(思索社、原著1975年)
        訳書 p.213 中心となる論点は、自身の遺伝的適応度を犠牲にして他個体の遺伝的適応度を高める利他現象の問題となろう。
        訳書 p.236 個体が自身の適応度を犠牲にして他個体の適応度を増大させるときに、その個体は利他的(altruism)なふるまいをしたということができる。子供の利益のために自身を犠牲にすることは、通常の意味では利他現象とみなされるが、厳密な遺伝学的意味においてはそうではない。なぜならば個体の適応度は生き残った子供の数で測られるからである。したがって、またいとこのために自己を犠牲にすることは、どちらのレベルでも、真の利他現象ということができる。

        • 私のコメント:

      • J.メイナード=スミス「生物学のすすめ」(紀伊國屋、原著1986年 The Problems of Biology)
        訳書 p.93 (利他行動という言葉で)述べられるのは、ある生物が自分の生存や生殖の機会を減らして、同種の他の個体の機会を増やしていると言う事実だけです。

      • R.ドーキンス「利己的な遺伝子」(紀伊國屋、原著1989年)
        訳書 p.20 当の行為が結果として、利他行為者とみられる者の生存の見込みを低め、同時に受益者とみられるものの生存の見込みを高め、さえするならば、私はそれを利他行為と定義するのである。

      • 伊藤嘉昭他編著「動物生態学」(蒼樹書房、1992年)
        p.167 「自分の子の数を減らして他個体の子の数を増やすような行動」を「利他行動」と定義する。このとき、個体の意図とか意志は問題にしない。

        • 私のコメント:この定義だと、親(自分)による我が子への保護・育児・「犠牲的」行動は、「自分の子の数を減らして」というより、むしろそれとは逆に{増やして}いますから、「利他行動」に含めることができなくなります。