先端予防治療学分野・河津信一郎教授が、台北医科大学医学院から客員教授の称号を授与されました。

 河津教授は、国際熱帯学研究センター寄生虫学熱帯医学講座・范家堃(Fan Chia-Kwung)教授の客員として同講座に所属することになります。台北医科大学は1960年設立の私学医科大学ですが、台湾での医学系大学ランキングでは常に上位にランキングされる名門校です。台北医科大学では特に国際貢献事業への取り組みに力を入いて、寄生虫学熱帯医学講座でも、ラオス、マーシャル諸島、スワジランドでの寄生虫症の調査共同研究を現在おこなっております。原虫病研究センターでは、これら提携先での国際共同研究も視野に入れて、新規の国際貢献リソースの積極的な発掘を試みています。



授与式
(左から Fan教授、Chen教授、河津教授、Liao助理教授)