ベトナム・フエ大学研究員のベトさん(Mr. Le Quoc Viet)、3ヶ月の原虫病診断法のトレーニング・コースを修了し、帰国しました。

 ベトナム・フエ大学・バイオテクノロジー研究所の研究員であるベトさん(Mr. Le Quoc Viet)は、文部科学省・科研費の支援で、2016年5月16日から8月22日までの約3ヶ月半の間、原虫病研究センター(横山直明研究室)で原虫病の診断法に関するトレーニングを受けました。その充実した活動により、玄 学南・原虫病研究センター長より修了証書が贈られました。
 
ベトさんのさらなるご活躍をセンター一同期待しております。

以下ベトさんのコメントです。
It was indeed a great opportunity for me to join the research team in NRCPD to undergo a training program on the “Molecular Diagnosis of Babesiosis”. The program was very much useful, and I was able to gain skills and knowledge on improved diagnostic tools for detecting babesiosis. I will continue the research works in Vietnam using the diagnostic systems that I developed during my stay in NRCPD. I thank all who made this training program possible. In particular, I am grateful to Prof. Yokoyama for providing me the opportunity to undergo this training program.



  修了証書を持つベトさん
 横山教授(指導教員)、ベトさん、原虫病研究センター・玄教授(センター長)、Thillaiamapalam Sivakumar博士(左から)



  修了証書