2016年7月18日〜23日:スリランカより獣医学研究所・ウイルス部のHemal Kothalawala部長が原虫病研究センターに来学されました。

 スリランカ獣医学研究所・ウイルス部のHemal Kothalawala部長は、文部科学省・科研費(26257417)の支援で、 「家畜原虫病の制圧に向けた国際共同研究」に関する研究打ち合わせのため、当センターに来所されました。

Hemal Kothalawalaさんは、以前に当センターにて原虫病の診断法のトレーニングを受けられたガヤーニさん(Ms. Gayani Weerasooriya)や ニルクシさん(Ms. Nilukshi Liyanagunawardena)の現在の上司で、 また原虫病研究センター所属のシヴァさん(Thillaiampalam Sivakumar博士)の元上司でもあります。

過去記事はこちらから≫
ガヤーニさん(Ms. Gayani Weerasooriya)
ニルクシさん(Ms. Nilukshi Liyanagunawardena)

 
   1:セミナーの風景(7月19日)
   これまでの研究成果とこれからの研究計画について話し合う(左手前から)横山 直明 教授、
  スリランカ獣医学研究所 Hemal Kothalawala部長、及びThillaiampalam Sivakumar博士


   2:原虫病研究センター・玄 学南 センター長表敬(7月19日)
   これまでの学術交流について話し合った、(左から)Thillaiampalam Sivakumar博士、
  Hemal Kothalawala部長、玄 学南 センター長、横山 直明 教授


   3:帯広畜産大学・副学長 井上 昇 理事 表敬(7月2日)
   これからの学術交流について話し合った、(左から)井上 昇 理事とHemal Kothalawala部長


   4: 2016年7月15日(金)から16日(土)にスリランカ国キャンディーにて開催された第68回スリ
   ランカ獣医学会にて、原虫病研究センター所属のThillaiamapalam Sivakumar博士(左)
   とスリランカ獣医学研究所・研究員のMs. Gayani Weerasooriya(右)が、原虫病研究センター
   (横山直明研究室)での研究成果を発表しました。


特に、ガヤーニさんの発表はスリランカ獣医学会から高く評価され、ベストプレゼンテーション賞に選ばれました。