ベトナム国・フエ大学を訪問し共同研究者と情報交換を行ってきました。

 11月4日(水)から7日(土)まで、横山直明教授、井上昇センター長、菅沼啓輔特任助教の3人はベトナム国・フエ大学を訪問し、Dinh Thi Bich Lan博士(フエ大学・バイオテクノロジー研究所・副所長) とPhung Thang Long(フエ農林大学・副学長)の共同研究者と情報交換を行ってきました。 横山教授はかねてよりベトナム国の牛原虫感染症に関する分子疫学調査を、両共同研究者と共同で実施しており、 今回の訪問ではこれまでの研究成果の報告に加えて、雨期における家畜動物の飼育に関する実態調査と今後の研究計画に関する意見交換を行ってきました。
 

本事業は日本学術振興会・二国間交流事業(オープンパートナーシップ共同研究)の支援のもと、2017年6月まで実施されます。



   1.会議の様子



   2.バイオテクノロジー研究所の農場
     (中央左からLan博士、井上センター長、横山教授、Long博士、右は菅沼特任助教)



    3.フエで見られた水牛(年々数は減っている。)



   4.フエで見られたベトナム黄色牛(貴重なベトナム固有種)