スリランカ獣医学会に参加しました。

 2015年6月19日から20日にスリランカ国キャンディーにて開催された第67回スリランカ獣医学会にて、原虫病研究センター所属のJSPS海外特別研究員のシヴァさん(Thillaiamapalam Sivakumar博士)とスリランカ獣医学研究所・研究員のニルクシさん(Ms. Nilukshi Liyanagunawardena)が、原虫病研究センター(横山直明研究室)での研究成果を発表しました。


  

ニルクシさんの演題名
Type-specific PCR assays for Babesia bovis MSA-1 genotypes in Asia:
Revisiting the genetic diversity in Sri Lanka, Mongolia, and Vietnam.

シヴァさんの演題名
Molecular epidemiology of Babesia, Theileria, and Trypanosoma in cattle
and water buffaloes in Sri Lanka.

これらの研究はJSPS科研費26257417の助成を受けたものです。

 
  シヴァさんとニルクシさんの発表の様子


特に、シヴァさんの発表は獣医学会から高く評価され、ベストプレゼンテーション賞に選ばれました。




あわせてこの学会では、横山直明教授の招待講演「The molecular diagnostic tools for bovine piroplasmosis」も行われ、獣医学会から記念のメダルを頂きました。


スリランカ国・獣医学研究所との共同研究は、2018年まで続く予定です。