大阪大学微生物学研究所において共同研究成果・進捗報告会を行いました。

 2015年2月19日15時から18時の日程で大阪大学微生物学研究所において共同研究成果・進捗報告会を実施しました。本共同研究は大阪大学微生物学研究所・堀井俊宏教授を代表とするプロジェクトで、原虫病研究センターが保有する様々な原虫および媒介マダニ試料を用いて「メタゲノム解析に基づく病原性寄生虫と宿主の相互作用の全貌解明」を目指すものです。報告会では本共同研究に参加している玄教授、河津教授、横山教授、西川准教授、加藤特任准教授、白藤助教がこれまでの研究成果と進捗状況を20分程度発表し、堀井教授の研究グループと今後の進め方などについて討論を行いました。



集合写真