last modified: 2016-03-10

公募情報

2015.12.21 平成28年度 原虫病制圧に向けた国際的共同研究拠点共同研究、研究集会及び施設利用・技術移転研修の公募を開始しました。
申請書提出期限: 平成28年1月25日(月)必着(Deadline: January 25, 2016)
≫詳細(Click) (募集は締め切りました (Closed)) 
2015.12.18 特任研究員(ポスドク)を公募します。
応募書類の受付期間: 平成28年 1月末日 必着  ≫詳細 (募集は締め切りました (Closed)) 
2015.12.18 外国人研究員(Foreign Visiting Researcher)を公募します。
応募書類の受付期間: 平成28年 1月31日(日)必着(Deadline: January 31, 2016)
≫詳細(Click) (募集は締め切りました (Closed)) 
2015.03.05 特任研究員(ポスドク)を公募します。
応募書類の受付期間: 平成27年 4月17日(金)必着  ≫詳細 (募集は締め切りました (Closed)) 

イベント

2015.10.13 (寄附講座)生命平衡科学講座(白寿)の研究成果報告会の開催について 
 10月26日(月) 本学原虫病研究センターPKホールにおいて、生命平衡科学講座(白寿)の研究成果報告会を開催します。なお、16時30分からの市民教育セミナー(山本浩教授:元NHKアナウンサー・解説委員の講演)については、一般の方も聴講できます。   ≫詳細 
(終了致しました。多くの方々にご来場頂きましてありがとうございました。) 

2015.07.28 平成27年度大学説明会(オープンキャンパス)開催日について
 開催日:平成27年8月1日(土)(終了致しました。多くの方々にご来場頂きましてありがとうございました。) 
 企 画:原虫病研究センター「原虫への挑戦」
 
≫帯広畜産大学HP  ≫オープンキャンパスプログラム(PDF)

トピックス

2016.03.10 論文発表  http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26883713  
原虫病研究センター・診断治療研究部門・高度診断学分野・五十嵐郁男研究室が研究成果を発表しました。 ≫詳細
2016.03.10 フィリピン大学セブ校との学術交流  
2016年3月に原虫病研究センター・西川義文准教授がフィリピン大・セブ校(UNIVERSITY OF THE PHILIPPINES Cebu)を訪問しました。 ≫詳細
2016.02.16 情報公開(年報など)の更新  
「The Journal of Protozoology Research Vol.25 NO.1-2 December,2015」を掲載しました。 ≫詳細
2016.02.16 【研究業績】を更新しました。
≫詳細
2015.11.19 サムラトランギ大医学部との学術交流
2015年10月に原虫病研究センター・西川義文准教授がインドネシア・サムラトランギ大(Sam Ratulangi University)を訪問し、 原虫病研究センターと同大医学部間の学術交流協定を締結しました。 ≫詳細
2015.11.12 ベトナム国・フエ大学を訪問しました。 
2015年11月4日(水)から7日(土)まで、横山直明教授、井上昇センター長、菅沼啓輔特任助教の3人がベトナム国・フエ大学を訪問し共同研究者と情報交換を行ってきました。≫詳細
2015.10.15 「SATREPSセミナーin帯広」を開催 
2015年9月16日(水)本学原虫病研究センターにおいて、「SATREPSセミナーin帯広」を開催しました。≫詳細  (新聞記事:十勝毎日新聞20151014-16シリーズ記事 )  
2015.10.07 スリランカ獣医学研究所・研究員のガヤーニさん、4ヶ月半の原虫病診断法トレーニング・コースを修了し、帰国しました。 
スリランカ獣医学研究所・研究員のガヤーニさん(Ms. Gayani Weerasooriya)は、文部科学省・科研費の支援で、2015年5月17日から2015年9月30日までの約4ヶ月半の間、 原虫病研究センター(横山直明研究室)で原虫病の診断法のトレーニングを受けました。≫詳細
2015.10.06 北海道立旭川北高校で出張講義を実施
2015年8月25日(火)北海道立旭川北高校にて、原虫病研究センター・西川義文准教授による出張講義を実施しました。 ≫詳細
2015.09.16 第23回分子寄生虫学ワークショップ・第13回分子寄生虫・マラリア研究フォーラム合同開催
2015年8月30日から9月2日まで上記研究集会が原虫病研究センターPKホールで開催されました。 ≫詳細
2015.07.31 原虫病研究センターの紹介記事が日本経済新聞朝刊(7月29日、27面)に掲載されました!
2015.07.23 ニューリーダーからの1冊(みらいぶプラス(河合塾))
原虫病研究センター・西川義文准教授がおススメする本の紹介記事が掲載されました。 ≫詳細
2015.07.22 原虫病研究センターにおいてFAO- APHCA /OIE/USDA共催によるワークショップを開催 
7月15日(水)、16日(木)の2日間、FAO- APHCA(国際連合食糧農業機関 アジア太平洋地域家畜生産・衛生委員会)、OIE(国際獣疫事務局)、USDA(米国農務省)が共催するワークショップが本学原虫病研究センターP-Kホールにて開催されました。 ≫詳細
2015.07.09 【共同研究】を更新 
「平成26年度共同研究報告書」を掲載しました。 ≫詳細
2015.07.06 JICAモンゴル獣医学研修コースの研修員が、原虫病研究センターを見学 
北海道大学獣医学部に訪問中のJICAモンゴル獣医学研修コースの研修員が、原虫病研究センターの見学に来られました。 ≫詳細
2015.07.01 (研究論文発表)ヘパリンがクリプトスポリジウム原虫の感染を抑制することを発見
原虫病研究センターの加藤健太郎特任准教授が、研究論文を発表しました。 ≫詳細
2015.07.01 国立大学共同利用・共同研究拠点協議会「知の拠点セミナー」で講演 
平成27年6月19日(金)京都大学東京オフィスにて、共同利用・共同研究拠点が一体となって開催の連続セミナー第45回 知の拠点セミナー 「人類は原虫病を克服できるか? したたかな単細胞との戦い」を原虫病研究センター井上昇センター長・教授が講演しました。
≫詳細  (ヨミウリ・オンライン: 20150630記事トップページ)
2015.06.30 スリランカ獣医学会に参加しました。
2015年6月19日から20日にスリランカ国キャンディーにて開催された第67回スリランカ獣医学会にて、原虫病研究センター(横山直明研究室)での研究成果を発表しました。 ≫詳細
2015.06.17 国立研究開発法人 科学技術振興機構 (略称JST) 科学技術人材育成費補助事業「テニュアトラック普及・定着事業」中間評価結果について
帯広畜産大学 原虫病研究センター 中間評価結果   (JST公開サイト:≫ こちら
2015.06.08 新聞記事(十勝毎日新聞20150606掲載)
2015年6月6日 原虫病研究センター河津教授ら「感染症の国際対策参画」 ≫詳細
2015.06.02 原虫病研究センター河津信一郎教授が世界で初めての官民パートナーシップ国際共同研究開発に参加
グローバルヘルス技術振興基金 (GHIT Fund:ジーヒット・ファンド) の助成金を受けて、世界で初めての官民パートナーシップ国際共同研究を本学原虫病研究センターの河津信一郎教授が進めることとなりました。 ≫詳細
2015.06.02 センター組織構成員(平成27年度・共同研究員)の更新 ≫詳細
2015.04.07 センター組織構成員の更新 ≫詳細


過去のトピックス

過去のトピックスを見る

   ◆平成26年度 ≫こちら    ◆~平成25年度 ≫こちら

設置目的

我が国の獣医・畜産系大学で唯一の原虫病研究拠点として、国内外の大学、関連省庁ならびに国際機関との連携を通じて、ヒトと家畜の原虫病の制圧に向けた先端研究を推進し、人類の健康と福祉に寄与するとともに、地球規模の課題である食糧安全保障に学術貢献することを目的とする。

国際貢献

Organisation
Mondiale
de la Santé
Animale
World
Organisation
for Animal
Health
Organización
Mundial
de Sanidad
Animal

OIEコラボレーティングセンターに認定されました(2008年5月から)

アジアで初めてのOIE(国際獣疫事務局)コラボレーティングセンターです。

正式名称
OIE collaborating center for surveillance and control of animal protozoan diseases

OIEリファレンスラボラトリー(2007年5月から)

ウマおよびウシバベシア症

スーラ病(トリパノソーマエバンシ感染症)