沢合宿
(戸蔦別〜幌尻〜エサオマン)
  日程 :2006.8/5〜8/8
メンバー:CL 諸戸 SL 師田 M 近藤
1日目(8/5) 天気:晴れ
3:00 部室に集合
4:20 林道終点に駐車 落石のため林道はエサオマン川出合の手前までしか入れなかった。
4:35 出発
6:00 八の沢出合 ここまでは靴で。ここからは沢タビで。
9:40 Co995三股
14:40 Bカール(C1) どこでまちがえたのか、Cカールに出た。トラバース気味にヤブ漕ぎしてすぐにBカールに出た。
一日のまとめ; 7月に下見をしておいたので、滝の通過は楽にできた。でもカールに出るところでまちがえて、Cカールに出てしまった。Bカールはよいテン場で、河原でひろってきた木でたき火をした。
2日目(8/6) 天気:晴れ
4:30 出発
6:10 戸蔦別岳ピーク
8:40 幌尻岳ピーク ザックを七つ沼への分岐に置いて、カラミで行った
10:50 七つ沼カール
19:00 新冠川 Co851二股(C2)
一日のまとめ; 新冠川は巨大な岩が重なっていて通りにくく、高巻きしたり懸垂下降したりして、予想外に時間をくった。
テン場についたときにはもう暗くなっていた。へとへとだった。
3日目(8/7) 天気:晴れ
5:50 出発
北カール
17:00 エサオマントッタベツ岳ピーク
(C3)
一日のまとめ; Co1050二股の先にある滝は左岸の草付を巻く予定だったが、行けそうになかったので、右岸を高巻きした。
北カールに出るところでまちがえて、エサオマン−神威の稜線に向かって登っていた。ヤブがひどく時間がかかり、予定変更してエサオマンのピークで泊まった。
4日目(8/8) 天気:快晴
4:40 出発
6:30 北東カール
13:20 車に到着、おわり
一日のまとめ; 札内分岐とエサオマンの間の最低コルからカールへ下りた。エサオマン川は難しいところはなかった。


戸蔦別川

三週間前、下見に来たときより
水の量がかなり少なくなっていた。
おかげではやく登れた。
今回は天気に恵まれた山行でした。
やっと来た幌尻岳!

頂上では思いがけない二人に
会った。
「あ、もろとだ。」
「あれ〜、なんでおるん?」
北東カール

右の切れ目から
おりました。
けっこう急だった。
エサオマントッタベツ川

滝つぼへ飛びこむ!

暑かったので最高に気持ちよかった。

締めはやはりこの人!

実はけっこう怖かった。