帯広岳

06/2/19  M:金川


 伏見の林道に入る前くらいの道路沿いの農家さんのとこに駐車して歩き出し。 はじめは作業道を歩いていくと行き止まりとなり、そこからちょっと左にまっすぐ行くと、帯広岳登山口の看板があります。そこからひたすら林道を歩きます。地形図で470メートル付近のところに、切り倒された木の集積地みたいな、ひろくなっているところがあり、さらに林道沿いにいくと、508手前で橋があり、沢を越えます。そこから数十メートル林道を行き、ちょうどいいところで尾根に乗ります。
 しばらくは疎林帯ですが、すぐに植林地となり、うまいこと道を見つけないと大変なことに(>。<)
 そして見た目以上にピークは遠く、特に最後の急登は涙モノでした。ピークの看板は噂どおり、立派!

 しばらく休憩したのち、スキーで降りることになったのですが、何を間違えたか、右よりの稜線側に行ってしまい、来た道の一つ東側の尾根を下ることに・・・・・・。結構あせってしまったけど、スキーが意外と快適で、途中からは林道があり、508のとこの橋に出ました。後は車まで林道をシャーーーーーーっと行くだけ。

 「人の手が入っている山」という気もするけど、林道すべりは楽しかったし、なんとなく安心感があって、一人で行くにもちょうどいい山かなぁ・・・・と思います。


6:30  車発
8:00  508の橋を超えたところ
11:00  ピーク
13:40  車着


作業道から帯広岳

ここから林道

林道スキーマニアにはもってこい!

キミを見にここまできたんだよ〜

お!あれは帯広の星、剣山!