知床(岩尾別温泉〜二つ池)


05/10/9〜10
V3青木  A3金川  A2諸戸、師田

10/9  晴れのちくもりのち雨、みぞれ
1:00  部室集合
7:00  岩尾別温泉の道路わきに車を止め、歩き出し
10:40 三ッ峰で休憩
13:00 二つ池テント場

10/10 晴れ
6:30   二つ池テント場歩き出し
9:30   羅臼平にて空身になる
10:20  羅臼岳ピーク
14:00  下山

  今年から知床では知床五湖ーカムイワッカ、硫黄山登山口方面が落石防止工事のため、マイカー通行できなくなった。歩いたり、自転車も駄目らしい。つまり、羅臼から硫黄に縦走するには夏の短期間だけ。・・・・・とはいえ夏はきっと人人人でいっぱいだし、かといって工事が終わるのを待つものなーってことで、しかたなく二つ池までの往復登山にしました。10月上旬ということでちょうど紅葉まっさかり!山に登らなくても、知床峠を車で横断する価値は十分にあります。

  登山口からいきなりクマ注意の看板でビビりつつもほいほい登ってオホーツク展望へ。ここが展望台??まあ一応景色はいいので一休み。しばらく歩くと、弥三吉水へ。ここでは水もくめて、テントも張れます。そしてこのあたりがちょうど紅葉しててきれいでした。さらに歩くと、今度は銀冷水。ここにもテント張るスペースはあります。この辺りからガスってきて、だんだん風も吹いてきて、寒いし、クマも怖いし、ほんとはちょっと帰りたかった・・・。羅臼平につくと、先行してた人たちが今から帰るとのこと。羅臼岳のほうはちょっと足元が凍ってるらしいので、今日はそのまま二つ池に向かう。途中雨がバァーときたり風が強かったりでげんなりしてやっとのことで二つ池に着く。すぐにテントを建てて、ごはんを食べて就寝。ちなみに、雨の日に二つ池のキャンプ地はおすすめしません。結構デロデロです。

  二日目は朝、4時に起きるはずが、目が覚めるとすでに明るかった。誰も目覚ましをセットしてなかったらしく、もう5時だった。そして快晴!二つ池は晴れてみるとものすごく居心地のいいテンバでした。急いで片付けて、また羅臼平の方へ。いきなり登り、下り、また登って下って、、、、なんてなかなかハードな道のり。でも海も見えて、国後島も見えて、また高山植物の紅葉がきれいで、コケモモがいっぱいなってて、楽しいとこです。
  羅臼平まで3時間、すでに人がいっぱいいました。ここからしばらく登ると、岩から清流が流れ出る岩清水に。そこからは岩岩をムイムイ登っていくとついにピーク!でも残念ながらちょっとガスってました。そこからの下りはスイスイです。大沢あたりから晴れてきて、オホーツク海と紅葉と空の青がみごとに絡み合って、とってもステキでした。

  帰り際、川湯温泉の公共浴場に入りに行きました。200円ととっても安くて、しかもPH2の強酸性風呂!浴場にコップがあるので飲んでみると激マズ。たぶん体に悪いのであんまり飲まない方がいいよ。そして体に傷のある時は温泉がとってもしみるので覚悟して入ってください。とはいえ私たちはこの温泉大好きです。たぶん。


オホーツク展望台からはまあまあの景色が見渡せます


弥三吉水あたりの紅葉


サシルイから二つ池方面


岩清水で清流をくむ コケの味がするよ!


大沢の下りは紅葉とオホーツク展望がすばらしい