利尻〜礼文

04’06/25〜28(寮祭山行)
CL:A4斉藤 SL:A3佐藤 M:V4飯山 A3松岡 V2青木 A1師田 A1諸戸

6/24(木)
23:30 集合 ・・・しかし誰も来ない(by斉藤) 0:00帯広出発
6/25(金) 晴れ
7:00 稚内 フェリー乗り場着
駐車場が有料なので1km位先まで車を置きに行ったが実は港に置けた
7:50 フェリー発 車デポ隊(飯・お・青)走ってきて間に合う。 利尻へ
9:30 利尻着! 海抜0mから歩き出し
10:50 野営場 携帯トイレを配ってた
11:05 甘露泉 10分休憩 甘露泉水を汲む
12:00 620m 15分休憩 松岡がバテている
12:55 900m(7合目) 10分休憩 斉藤がつりまくり 
途中、三浦雄一郎さんがツアーで来ている、と聞いた。
13:55 1218m 登りきったとこ(長官山) 休憩
14:15 小屋。 三浦雄一郎さん親子が通る。
一瞬で通り過ぎていった。服装からして違うなーと思った。
ピークは明日の日の出を狙うことにし、登山道から少し下におりて水を汲んだ。
夕食カレー
6/26(土) 晴れ
2:00 起床
2:15 アタック装備で発
3:20 利尻山ピーク! 日の出を待つ
3:40 日の出 1時間ぐらい青春を満喫する
6:10 小屋にもどって朝食。マーボ鍋(腐る一歩手前の生とうふ入。おいしい)
6:45 小屋発
7:45 770m 10分休憩 
8:50 甘露泉 10分休憩 かわいい犬
9:15 野営場到着 
下山すると沓形コースからもう一度登る気力が失せ(特に上の)
「ヘタレて礼文に向かおうぜ〜!」となる所だったが、
師田の「沓形からも登りたいです」発言で予定通り登ることに。 エライぞ、師田。
10:30 鴛泊のセイコーマートで食事休憩。
沓形行きのバスに乗るためバス停へ。しかし時刻表がない・・・。
11:30 沓形行きのバスがくる。
12:30 バス、沓形に到着。
12:50 沓形のセイコーマートで水を汲み、出発。 神社でお祭りをやってた。
途中から車道ではなく旧登山用歩道を歩く。が、よくない。そして暑い。
14:15 400m付近 暑い・・・。15分休憩。
14:30 見返台園 ここの水はクサイ。変な味でオススメできない。でも汲む。
16:15 非難小屋着。 「日射病だよコレ」(斉藤)
小屋は先客の人たちがいたので、屋根にテントを張った。夕食カレー
6/27(日) 晴れ
2:00 起床
3:15 小屋発
3:55 1100m休憩
5:00 三眺山(1416m)休憩
この後しばらく進みガレ場をトラバースした後、鴛泊コースに合流する
6:00 利尻山ピーク(二回目) 
飯山、佐藤、師田、諸戸の4人はもうひとつのピーク(1721)にも行く。
7:15 ピーク発。 直後松岡が足を激しくグネる。利尻神社ご利益ナシ!
8:00 三眺山。休憩
9:30 避難小屋。休憩
歩いていると、松岡のケータイにOB村井さんから電話が。
「もしかして山岳部って遭難した?」 仰天した。
話を聞くと畜大生(自然探査会)が日高で事故ってそれが山岳部と報道されたらしい。
10:40 見返台下山。 11:00発 車道を行く
12:30 沓形の町に到着。 祭りはやってない。ガキンチョがからんできた。
15:20 フェリー発 礼文へ
16:00 礼文着!
礼文に着いたはいいが泊まっても特になにもすることがないことに気付く。
 (礼文岳は遠いし、べつに花にも興味はない)
なのでジャンボソフト(13段)×7とウニ(うにぎり)×7だけ食べてさっさと脱出することに
17:20 フェリー 礼文発。稚内へ
19:20 稚内着 斉藤と松岡が車を取りに行く。
稚内で風呂に入り、日本最北端宗谷岬に泊まる
6/28(月) 晴れ
宗谷岬→クッチャロ湖→サロマ湖などに寄りつつ帯広に向かう
20:30 帯広着

 →写真