天塩岳

h15.4/6
CL A3 渦原 SL A3 斉藤 M A3 松岡

4/5(土)
16:00 部室集合、出発。しかしヨーカドーとか寄って結局帯広を出たのは17:00
20:00 国道の清流線入り口のとこの国道に車を停めて車泊、の予定が登山届を出すのを忘れてしまい警察に登山届をだしに行ってから戻ってご飯を食べて寝る。他に車は3台あったが人はいなかった。
4/6(日) 曇り後雪
6:20 出発トレースがついてる。登山口の看板(青と木製)と「清流線入口」の看板あり
7:25 入山届のポスト。この辺りが実は二ノ沢出合だったが、まだ先だと思い進んでいく。すぐに雪崩の跡がある。緑のテントがありその後奥のほうへ行くがトレースも引き返してる。両側が急になり引き返すことになる。
8:55 引き返し始める。1ノ沢に入り込んだと考え、雪崩の跡まで引き返し、尾根に取り付く
9:10 尾根に取り付く。雪は埋まらないがシールが時々すべる。記録で見たとおりなかなか急な斜面だった。
10:20 800m休憩
10:40 発。雪がしまっていてシールが効きずらいので1000mあたりでスキーをデポしてつぼ足で行く。上からスキーで滑ってきたグループに会う。まだまだスキーでいけたと思うつぼでも結構埋まる。
12:15 風が出てきて寒く、白くなってくる。リミットまでまだあるので進む、が登りきったとこから左の尾根に入ってしまったらしく下り始めてしまったので引き返す
13:05 あがったところに戻るがもう帰ることにする。下りのスキーは雪の状態が悪く、こけたらずるずる結構下まで落ちてしまう
14:36 取り付き
15:35 車に戻る。
17:40 出発。黒岳の湯にはいって、帯広まで戻り11時過ぎてたのでペペサ〜レで食べる。
・今回は天気も悪かったしほとんど写真無し