H14 4/25の様子です。とりあえず、今回は林道の様子です。ガスがかかっており、尾根の様子はわかりませんでした。今年は、暖かく、雪解けも早いですね。帯広も、桜が咲いていました。

ペテガリ、東尾根の林道の様子です。雪は沢を覗き込んだら、所々ある程度で、林道上には全くありませんでした。
林道の二股、『登山口まで10km』という標識のところから、3km程のところに写真のような木が倒れていましたが、パジェロでも通過できました。
先程の、標識から9km付近でガケ崩れがありました。
しかし、岩を、手でどけて、難なく通過。
登山口到着。雪は全くないです。先につづく登山道上にもありませんでした。
ここまで、写真以外の場所は問題なく、普通乗用でも大丈夫だと思います。多少、こすりそうな石が転がっていましたが、どければいいと思います。
つづきまして、カムイのほうへ行きました。
わかりにくいですが、途中で、十勝ポロシリ写真を撮ってみました。岩内仙境から拓成湖に向かう途中です。
北東尾根。
エサオマンと、トッタの分岐から、100m程入ったところです。ここまでは全然雪はなかったのですが、突然現れました。
この先も、こんな感じで、車は無理でした。ここまでの雪は、このように、林道上にはありましたが、林道の斜面には全くなかったです。登山ポストに、21日に入った人がいたようで、『7:40入山、16:00下山。カムイ絶景』と書いてありました。


と、いう感じです。