祝!今年初登頂!

富良野岳北尾根〜ジャイアントスロープ

H14 2/23〜2/24 CL A3会田 SL A2山本 M V1飯山 A1渦原 A1斉藤 A1松岡 V4村井 OB奥村


23日(土) 曇り。
4:30 碧雲寮出発。奥村さんの寝坊、荷物を車に詰め込む時間などで、予定より30分遅れた。
9:25 バーデン上富良野に車を置かせてもらい出発。いくつかのパーティーが、ジャイアントに向かっていた。
渡渉は、ダムのすぐ脇から、すんなりと終了。ジャイアント方面にトレースが続くが、北尾根には付いてなかった。
10:30 ポコを巻いたところで20分ほど休憩。ガスっていて展望は悪い。
12:20 斜面がクラストしてきたため、1400m付近でスキーを脱いだ。
13:20  ホコ岩の手前の、東側の斜面を2〜3分下ったところに雪洞が掘れそうなほど雪があったため、ここをテンバにした。
 どれくらい雪があるか確かめようと掘っていったらいつの間にか、雪洞を造り始めていてしまったため、いい加減な物が出来てしまい、中で、水を作っていたところ大きな亀裂が入ってきたので雪洞の使用はやめ、やっぱりテントにした。
 結局次の朝には崩れていた・・・・・。夕飯はカレー。
ふー、休憩休憩っと。
明日は、ピークいけるかなー?
雪洞内。次は泊まれるように造らねば!
24日(日) 快晴!
4:00 起床。うどん。
7:00 出発。夜に20センチほど雪が積もり、暫くはスキーが使えそうだったため使用した。
途中、クラストしてきたため、早々とシートラにし、アイゼンを履いた。
8:10  ホコ岩。岩を越えたところで、松岡がバランスを崩し西側に落ちそうになった。渦原は恐る恐る通過。後は問題なし。
8:40 ジャイアントとの分岐で、アタック装備にかえた。スキーもデポ。少々雲が出てきたようであるが、ピークは見える。ここで、30分程休憩。
10:30  ピーク。久しぶりのピークに感動!!途中からガスってしまい展望は悪いが、とにかくここに立っているだけで満足だった。
 核心部の岩場は、1つ目は、岩の左(東側)真下を、2つ目は、右(西側)を巻き、途中左に乗り越え通過。3つ目は真ん中をそのまま通過した。2つ目で、雪崩そうなところがあったところ以外は、そんなに緊張することもなかった。
10:50 出発。視界はとても悪い。さっきまでの天気がうそのようだ。トレースも所々しかない。スキーを置いたところから、5本ペナントを使用した。
12:12  スキーのところに着いた。40分ほど休憩。シールをはずして下山開始。
 途中、斜面の方向から判断して、ジャイアントを西に巻き過ぎていることに奥村さんが気付き、修正。
 無事ジャイアントに乗り、滑降。尾根の真上でなく、雪庇のすぐ下を行った。途中、飯山と村井、渦原と飯山がクラッシュ、とくに怪我もなかったが、注意が必要。
 1200m付近で、沢に降り北尾根にトラバース。他のパーティーが滑った後が残っていた。
 北尾根に乗ったが、素直に尾根上を行かず、『東側に降りれるところはないか』と、見ながら行ったら、ドツボにはまり、時間をロス。結局、コルの辺りまで行かないと東側には降りれないようだ。
16:00 松岡は体力もロスしたようで、休憩を取ることにした。
17:00 下山。後は、素直に尾根上を下った。
おし!行くぜい!
この天気なら、行けるっ!
ホコ岩。
登頂!!
会田さん、お得意のコマネチ!
ここが雪崩れそうだった。
さあ、スキーは向こう岸まで届くかな?
(結果は、写真の上にマウスを乗せて。)