強化合宿(野塚岳〜双子山〜楽古岳)

H11 12/24〜12/27  CL A3宇野 SL A3内藤 M V2村井 V2安本 A1会田
24日  
4:00 碧雲寮出発。  
8:15 野塚トンネル日高側の駐車場。
9:15 尾根取り付き。
10:10 CO.1000m
11:30 1140m付近でワカンを履く。
12:00 稜線。ワカンアイゼンにする。
13:50 野塚岳ピーク
14:45 野塚岳南のコルC
    大樹町の派出所に登山届を出し、まず、帰りのために楽古岳の日高側の登山口に車をデポ。そして、元山岳部員の堀内に車で、出発地点まで送ってもらた。そこで、堀内の車が路肩にはまってしまった。

なんとか、脱出し、無事トンネル側の駐車場にたどりつき出発の準備をする雪が少なく、ワカンをつけずに出発。下見のときのトレースがまだ残っていた。渡渉で会田がはまりそうになったが、何とか大丈夫だった。

天気がよく、気温も高くて春のような陽気でとても暑かった。稜線に出ると、風が結構強く、雲も出はじめ寒くなり、ようやく冬山らしさが出てきた。時間も十分あったので、野塚岳をアタックし南のコルにテントを張った。夜はクリスマスイブということで、『ケーキみたいなアイスクリーム(ビエネッタ)』とシャンパンを飲んだ。夕食のカレーは極旨。
25日  
7:00 C1。出発。
9:20 双子山左
14:00 十勝岳
     CO.1350mでC2。
    朝飯はキムチおじやを食べた。非常にまずい。風は大した事無かったが、視界が悪くまた、雪が重くラッセルが非常につらい。双子山と十勝岳の登りが単調で長くつかれた。内藤さんのワカンのなくなるはずのない部品がいつの間にか消失。
26日 
6:00 起床。カレーおじや。
8:45 C2出発。
13:20 楽古岳
17:05 登山口。
    朝寝坊してしまい、出発が遅れてしまった。朝食のカレーおじやはまあまあ。楽古岳の登りも非常に長くかんじた。

とにかく、精神的にもつかれ、みな、もう、このルートは行きたくないという結論に達した。