入試情報「受験生の皆様へ」Entrance Examination Infomation

よくある質問

入試について

受験の時はどのような服装で行ったらよいですか。
大学としての定めはありませんので,私服でも制服でもかまいません。ただし,推薦入試など面接試験がある場合は,面接にふさわしいフォーマルな服装(制服やスーツなど)でお願いします。上履きは必要ありません。
試験会場では暖房が入りますか。
入ります。ただし,人によって寒暖の感じ方に違いがありますので,脱ぎ着により調整しやすい服装をお勧めします。
試験場に時計はありますか。
ありません。
大学周辺に宿泊施設はありますか。また,宿泊施設のあっせんはしていますか。
大学周辺には宿泊施設はありませんので,JR帯広駅周辺(大学まで約6㎞)でお探し願います。なお,大学としては宿泊施設の斡旋はしておりませんが,一般入試(前期日程)及び推薦入試につきましては,大学生協でパックツアー,ホテルの申込受付を行っています。詳しくは学生募集要項に添付の案内または大学生協のホームページで確認してください。
受験のときに送迎バスはありますか。
推薦入試と一般入試については,JR帯広駅と大学の間の臨時バスを運行しています(有料)。
なお,推薦入試は面接の終了時刻が受験者各自で違うため,朝のJR帯広駅→大学の行きの便のみの運行となります。
また,大学生協のパックツアーを申し込んだ場合は,ホテルと大学間の送迎バスがパックツアーに含まれています。
出願書類を書き損じてしまいましたが,どのようにすればよいですか。
間違った箇所に二重線を引いて,余白に訂正内容を記入してください。訂正印は不要です。
「総合問題」とはどのような形式なのでしょうか。
本学一般入試(前期日程)の「総合問題」では,「数学」「物理」「化学」「生物」「英語」の各科目について,それぞれ2題ずつ出題し,これら計10題のなかから5題を選択して解答してもらうものです。問題の選択は事前申請ではなく,試験当日に問題を見て選択してもらいます。なお,試験時間は120分です。
一般入試で二段階選抜を実施していますか。
本学の一般入試では二段階選抜は行っていません。
推薦入試で不合格になりましたが,一般入試に出願できますか。
可能です。
高校で理科の基礎科目しか履修していませんが,一般入試の受験は可能ですか。
可能です。
本学の一般入試では,大学入試センター試験は理科の発展科目4科目から2科目選択することが必要で,個別学力検査の物理,化学,生物の出題範囲は基礎と発展の全体としておりますが,高校での履修を条件とはしておりません。
なお,畜産科学課程のB推薦については,理科の発展科目4科目のうち,4単位以上の履修を条件としています。

教育制度・内容等について

ユニットとは何ですか。また,どのようにユニットが決まるのですか。
専門教育を実施するコースのことを本学では「ユニット」と呼んでいます。共同獣医学課程は獣医学ユニットの1ユニットですが,畜産科学課程は6つの専門教育ユニットがあり,2年次進級時に分属します。各ユニットには収容定員があるため,学生からの希望申請(第1~第6希望)の結果,定員を超過した場合は成績によって決めることとなります。
自分が所属するユニット以外の,他のユニットの科目を履修することができますか。
展開教育の専門科目,共同獣医学課程の専門科目以外は基本的に可能です。
共同獣医学課程とは何ですか。また,どのように授業が行われますか。
本学の畜産学部共同獣医学課程は,北海道大学獣医学部共同獣医学課程と共同の教育課程で専門教育を実施しており,卒業者には両大学長連名の学位記が授与されます。共同教育課程は,両大学の優れた教育内容(帯広では産業動物診療など,北大では伴侶動物診療,公衆衛生など)を結集して一つのカリキュラムとして実施するもので,これにより国際的に活躍できる獣医師の養成を目指しています。
専門科目の授業は,両大学で共通の内容,試験を実施しており,主に授業担当教員が両キャンパスを行き来して行いますが,夏休みなどに学生が行き来して合同で実習を行う場合,インターネットを利用した遠隔授業システムで行う場合もあります。
担任制度はありますか。
本学では,学生の入学時から学年進行に合わせて担任教員制度をとり,修学及び学生生活上の指導・相談を行っております。
共同獣医学課程では入学年度ごとに3人のクラス担任教員がつき,卒業までの6年間を受け持ちます。また,研究室に分属後は課題研究担当教員(5~6年次)がつきます。
畜産科学課程では1年次は40~45人を1クラスとしてクラス担任教員が3人つき,その後ユニット担任教員(2~4年次),卒業研究担当教員(3~4年次)がつきます。

学生生活について

学生寄宿舎について教えてください。
本学では平成21年に改修した学生寄宿舎が大学構内にあります。
収容定員,経費,入寮申請方法など,詳しくはこちらをご覧ください。
大学周辺にアパート等はありますか。
本学は帯広市の中心街から離れたところにあり,また公共交通機関の便もあまりよくないため,徒歩10分くらいで通学できる圏内に,主に本学学生向けで賃貸を行っているアパート等が多数あります。自宅生,寮生以外の大部分の学生が,これらのアパート等に居住しています。
詳しくは大学生協の住居案内のページをご覧ください。
入学後の教科書代はいくらですか。
学部1年生ですと,大体50,000円前後です。専門課程に進みますと,授業内容により異なります。また,共同獣医学課程については,ほとんどが医学書のため高額となります。
大学内でパソコンやインターネットを自由に使える場所はありますか。
学内施設でインターネットに接続されているパソコンは,情報処理センター,附属図書館,インターメディアスタジオに設置されており,所定の時間であれば学生に配付されたIDで利用できます。その他,学内では無線LANのアクセスポイントが複数設置されており,個人のパソコンでも情報処理センターに端末接続申請を行えば,無線LANを利用できます。
帯広の気候について教えてください。
気温は,夏は35度,冬はマイナス20度と一年間の寒暖差が大きくあります。冬は,毎日のように雪は降りませんが,年に何度か積雪40~50センチくらいの大雪の日があります。
特に冬に関しては,北海道・東北以外から来た学生にとっては,最初の年は驚くかもしれませんが,みんさん生活していくうちに徐々になれていくようです。

オープンキャンパスについて

オープンキャンパスではどのようなことを知ることができますか。
オープンキャンパスでは,主に専門教育ユニットの教育研究内容の紹介,附属施設等の見学・体験ツアーを行っています。また,大学の農場(畜産フィールド科学センター)で生産した牛乳,アイスクリームや,学生実習で収穫した野菜等を食材とした豚汁など,本学ならではのさまざまな食品の提供も行っています。
オープンキャンパスの日以外で大学を見学することは可能ですか。
申し訳ありませんが,通常は大学の職員等が案内はしておりませんので,各自でキャンパス内を散策していただくかたちとなります。
なお,資料等(大学案内,キャンパスマップ等)をご希望であれば,平日9:00~17:00までの間に入試室(本部棟1階)にお立ち寄りいただけば,お渡しできます。