平成22年度 文部科学省「社会人の学び直しニーズ対応教育推進プログラム」
食品衛生にかかわる人材育成

国立大学法人 帯広畜産大学

国内外で発生した食に関する事件が相次ぐ中、
食品の生産から食卓までの多岐にわたる過程を把握し、
生物学的危害に対する専門知識や管理能力をもった人材の育成プログラム

Home > プログラム関連Q&A

プログラム関連Q&A

本プログラムの受講をお考えになるときに参考にして下さい。
具体的な疑問等がありましたら、学び直し事務担当の竹腰(たけこし)・香川(かがわ)
まで、メール(takenoko@obihiro.ac.jp)またはお電話(0155-49-5889)でお気軽に
お問い合わせ下さい。

 

Q.このプロジェクトの狙いは何ですか
A.食品衛生に興味ある人のキャリアアップを考えたプログラムで、食品衛生に関わる知識と技術の習得を目指すプログラムになっています。

Q.受講資格はありますか。
A.年齢、性別など特に制限は設けていません。食品産業にかかわる社会人や食品衛生を学びキャリアップに繋げたい
一般の方や学生の方を対象としています。


Q.食の安全などに興味をもっているのですが、食品衛生や細菌学など勉強したことがありません。大丈夫でしょうか?

A.わかりやすい講義をこころがけますので、興味のある方はご遠慮なくご参加下さい。


Q.カリキュラムはどの様なものですか。

A.カリキュラムの詳細はホームページをご覧になるか、直接Eメールにてお問い合わせください。
メールはこちらまで (takenoko@obihiro.ac.jp)


Q.授業の単位認定はどの様に行われますか。

A.各授業によってはレポートなどが課される場合があります。成績も付与されます。


Q.受講料はいくらかかりますか。

A.受講料についてはこちらをご覧下さい。


Q.単位を取る必要がありますか。

A.120時間の講義実習を受講するとコースの履修証明書がもらえます。できるだけ受講することをお勧めします。ただし、個別の事情についてはご相談ください。


Q.来年度と今年度にまたがって受講することは可能ですか。

A.文部科学省の委託事業としてこのプログラムは今年度が最後となるため、年度をまたがっての受講はできません。


Q.定員を設けているのは何故ですか。

A.病原体などを使用する実験などでは、利用可能な実験機器数の関係等によりどうしても定員が発生します。ご了承ください。また、参加に際しては保険に入って頂きます。(500円~1,000円程です。)


Q.申し込み時に希望した受講科目は後日変更できますか
A.選択科目については定員に空きがある場合は可能ですが、ご希望に添えない場合もあります。
 ご遠慮なくご相談ください。


Q.プログラム修了後の資格はどの様なものですか。
A.帯広畜産大学と(社)北海道食品産業協議会が認定証明する「食品衛生微生物検査士」という資格を修了証とともに
お渡しします。また、120時間以上の受講をされた方には帯広畜産大学から履修証明書を発行します。

Q.食品衛生微生物検査士とはどのような資格ですか?
A.食品衛生微生物検査士の資格は、社団法人 北海道食品産業協議会の認定する資格です。
 国家資格ではありません。
 詳しくは(社)北海道食品産業協議会のホームページでご確認下さい。
http://www.hofia.org/

 

Q.食品衛生微生物講座の講義・実習とはどのような内容ですか?
A.食品の安全確保には、原材料の生産から加工・製造・保管・出荷・流通・販売・消費にいたるすべての過程において、微生物に対する適切な対応が必要とされます。本講座では、食品衛生法及び食品衛生検査指針に基づく微生物の規格検査について、基本的な技術を学んでいただき、食品を製造する施設において微生物に対する危害分析や食品製造衛生管理を 検証できる専門技術者の養成を目的としています。
講師は、微生物検査に豊富な経験を持つ教授陣が最新の機器や検査用試薬を用いて分かりやすく指導します。

 

Q.高度技術者コースを受講するには、初級技術者コースから受講しなくてはならないのですか。
A.資格認定講座にある食品衛生微生物講座2級は、食品微生物講座3級の試験に合格しなければ受講することができません。その為、申し込み時には初級技術者コースとして申し込みをし、合わせて合格後には高度技術者コースに変更希望ということを予めお申し出ください。その際に、初級技術者コースではHACCP実務者コースが選択科目となっておりますが、高度技術者コースでは必須科目となっておりますので、必ず受講するようお願いいたします。
なお、変更の際には受講料の差額5,000円を徴収させていただきます。、予めご了承ください。
(また、認定試験の際には受講料とは別に、そのつど受験料 5,000円が必要となります。)

 

Q.受講期間途中で、食品衛生基礎コースから食品衛生専門家コースの変更は可能ですか。
A.講義の必須科目の関係上、コースの変更はできません。コースによって受講できる講義、資格認定講座が違いますので、初めによく検討した上でお申し込み下さいますよう宜しくお願いいたします。
 

Q.必須科目を欠席した場合、修了証明書は発行していただけないのでしょうか。
A.修了証明書は必須科目すべてと、必要選択科目数すべてを受講することが条件となります。
そのため、欠席した場合には修了証明書が発行できませんのでお気をつけください。