近年重視されている動物福祉や環境保全の見地を踏まえ、家畜とその周囲環境とを総合的に捉えて研究することを目的とする。家畜生理機構の基礎的解明とそれに基づく生産性向上に関する応用研究を行い、新しい畜産技術の確立を目指す。生体内部のミクロレベル、個体を対象としたマクロレベル、さらにその周囲環境を含めた広汎なスケールから生命科学的研究を展開することにより、畜産科学および関連分野への多角的貢献が期待できる。

家畜生産科学分野

生命科学的視点から家畜の生理機構を理解し、それに基づく生産性の向上と、人―家畜―環境に負荷を与えない畜産技術の確立を目的とした基礎・応用研究を行う研究分野である。

環境生態学分野

畜産環境とそれにかかわる多様な生物群(ほ乳類、鳥類、昆虫、植物、微生物など)を対象に畜産物の安全性、家畜疾病の予防、有害・有用生物の管理、自然環境の保全などについて、個体から生態系レベルまでのマクロな生命現象に関する基礎・応用研究を行う研究分野である。