研究機材の使用予約はこちらから ログイン

当サイトのご利用について
お知らせ
共通機器室の機器を利用する際には、共通機器室利用登録申請を行い、本サイトから機器の予約を行ってください。機器を利用した際には、機器に備え付けてある使用簿に必要事項を記載してください。
教員が管理する共通機器を利用する際には、管理教員と連絡調整の上使用してください。

○共通機器に関する規程、様式、注意事項等

○利用マニュアル

問い合わせ先:共用機器基盤センター(研究支援課研究企画係)
TEL:0155-49-5342、5287
FAX:0155-49-5289
E-mail:kyotukiki@obihiro.ac.jp
2018/09/21 【重要】9月21日(金)~9月25(火)共通機器室使用停止のお知らせ
2018/09/10 【10月4日(木)開催】リアルタイムPCR装置 機器説明会(ご案内)
2018/08/15 共通機器の基本料及び利用料単価表(機器一覧)を更新しました
2018/07/23 講習会DVDの貸出について
2018/07/10 故障中の機器について

75 件中 41 から 50 までを表示しています。

機器一覧

画像機器名機器分類型式説明設置場所管理責任者
 
 
 
 
 
32017001.JPG吸光マイクロプレートリーダー(32017001)測定・分析装置Multiskan FC アドバンス米国サーモフィッシャーサイエンティフィック社  吸光度測定とデータ処理を誰でも簡単に実行可能共通機器室(Ⅲ号館)共用機器基盤センター長(kyotusys)
2017002.JPGバイオアナライザ(2017002)測定・分析装置Agilent 2100 バイオアナライザ電気泳動ノートシステムリミテッドアジレント・テクノロジー株式会社  マイクロチップ型電気泳動装置。DNA、RNA、タンパク質の電気泳動解析で濃度、サイズ、品質評価など目的に応じた情報をデジタルデータとして得ることが可能  ※講習会DVD貸出できます共通機器室(Ⅰ号館)共用機器基盤センター長(kyotusys)
2017004.JPGQubit(2017004)測定・分析装置Qubit®3.0サーモフィッシャーサイエンティフィック  ポピュラーなベンチトップ型フルオロメーターの次世代型装置で、高感度なQubit®定量アッセイを使用して、DNA、RNAおよびタンパク質の高精度な測定を行う  ※予約は不要です。必要事項を利用簿に記入の上、使用してください※共通機器室(Ⅰ号館)共用機器基盤センター長(kyotusys)
K2014007.jpgマルチラベルカウンター(K2014007)測定・分析装置ARVOM-d 他多くのプレートアッセイ測定に対応したプレートリーダー総合研究棟I号館 2階 S2107室宮本 明夫(akiomiya)
K2014008.jpgIQ5リアルタイムPCR解析システム(K2014008)測定・分析装置-ポリメラーゼ連鎖反応 (PCR) による増幅を経時的(リアルタイム)に測定することで、増幅率に基づいて鋳型となるDNAの定量を行う機器総合研究棟I号館 2階 S2107室2宮本 明夫(akiomiya)
32017010.jpg二次元電気泳動システム(32017010)測定・分析装置PROTEAN IEF cellバイオラッド pHおよび分子量の違いによって試料中のタンパク質を分離する装置共通機器室(Ⅲ号館)共用機器基盤センター長(kyotusys)
2015002.jpgリアルタイムPCR装置(2015002)測定・分析装置ライトサイクラー480インスツルメントⅡ 96well-TLV1ポリメラーゼ連鎖反応 (PCR) による増幅を経時的(リアルタイム)に測定することで、増幅率に基づいて鋳型となるDNAの定量を行う、96サンプル対応、アダプター使用により8サンプルから解析可能。共通機器室(Ⅰ号館)共用機器基盤センター長(kyotusys)
2014041.jpgスペクトロフォトメーター(2014041)測定・分析装置SmartSpec Plus 170-2525※故障中※ 96穴プレート対応の吸光度測定装置共通機器室(Ⅰ号館)共用機器基盤センター長(kyotusys)
32017006.JPGエンドポイント濁度測定装置(32017006)測定・分析装置Loopamp LA-100栄研化学株式会社  遺伝子増幅法であるLAMP(Loop-Mediated Isothermal Amplification) 法を用いた遺伝子検査専用の装置共通機器室(Ⅲ号館)共用機器基盤センター長(kyotusys)
K2015009.jpg分光測色計(K2015009)測定・分析装置CM-5,ターゲットマスクφ3mm CM-A195色の測定装置(SCI(正反射光含む)とSCE(正反射光除去)の同時測定及びレアメタル、有機EL、創薬などの高額な粉の微量測定が可能)総合研究棟Ⅲ号館 6階 609号室2島田 謙一郎(kshimada)