研究機材の使用予約はこちらから ログイン

当サイトのご利用について
お知らせ
共通機器室の機器を利用する際には、共通機器室利用登録申請を行い、本サイトから機器の予約を行ってください。機器を利用した際には、機器に備え付けてある使用簿に必要事項を記載してください。
教員が管理する共通機器を利用する際には、管理教員と連絡調整の上使用してください。

○共通機器に関する規程、様式、注意事項等

○利用マニュアル

問い合わせ先:教育研究支援部研究支援課研究企画係
TEL:0155-49-5342
FAX:0155-49-5289
E-mail:kyotusys@obihiro.ac.jp
2018/02/21 研究支援課 共通機器室HPを更新しました
2018/01/30 ポータルサイト 利用者名が異なる不具合について
2017/12/11 機器予約に関して
2017/10/04 実体顕微鏡(2014054)、倒立蛍光相差顕微鏡(2014004)の使用について

62 件中 21 から 30 までを表示しています。

機器一覧

画像機器名機器分類型式説明管理責任者
 
 
 
 
2014067.jpgオートマチックプラントミクロトーム(2014067)標本作製MT-3生のままの植物試料から、パラフィン包埋、凍結などの前処理なしで、簡単に、薄く、均一な、再現性の高い組織切片を作製する共用機器基盤センター長(kyotusys)
2014063.jpg湯浴式パラフィン伸展器(2014063)標本作製PS-125WH薄切後、湯浴伸展のみでは伸展しにくい切片に使用するホットプレート装備共用機器基盤センター長(kyotusys)
2014056.jpg滑走式ミクロトーム(2014056)標本作製SM2010R本体顕微鏡での観察に用いる試料を極薄の切片にする機器共用機器基盤センター長(kyotusys)
2014068.jpgパラフィン伸展器(2014068)標本作製PS-53病理標本作成において薄切検体を伸展・乾燥させる装置共用機器基盤センター長(kyotusys)
2014062.jpgパラフィン伸展器(2014062)標本作製PS-53病理標本作成において薄切検体を伸展・乾燥させる装置共用機器基盤センター長(kyotusys)
2014005.jpgマイクロプレートウォッシャー(2014005)洗浄装置モデル15751mmunowash 170-7009JA96穴プレート対応のプレートウォッシャー共用機器基盤センター長(kyotusys)
2017004.JPGQubit(2017004)測定・分析装置Qubit®3.0サーモフィッシャーサイエンティフィック  ポピュラーなベンチトップ型フルオロメーターの次世代型装置で、高感度なQubit®定量アッセイを使用して、DNA、RNAおよびタンパク質の高精度な測定を行う  ※予約は不要です。必要事項を利用簿に記入の上、使用してください※共用機器基盤センター長(kyotusys)
2017002.JPGバイオアナライザ(2017002)測定・分析装置Agilent 2100 バイオアナライザ電気泳動ノートシステムリミテッドアジレント・テクノロジー株式会社  マイクロチップ型電気泳動装置。DNA、RNA、タンパク質の電気泳動解析で濃度、サイズ、品質評価など目的に応じた情報をデジタルデータとして得ることが可能  ※講習会DVD貸出できます共用機器基盤センター長(kyotusys)
2014003.jpg蛍光マイクロプレートリーダ(2014003)測定・分析装置MTP-600Lab物理学・化学・生物学の実験や検査などで広く用いられ、マイクロプレートに入れた多数のサンプル(主として液体)の光学的性質を測定する機器、96穴プレート対応の蛍光プレートリーダー共用機器基盤センター長(kyotusys)
K2014007.jpgマルチラベルカウンター(K2014007)測定・分析装置ARVOM-d 他多くのプレートアッセイ測定に対応したプレートリーダー宮本 明夫(akiomiya)