研究機材の使用予約はこちらから ログイン

当サイトのご利用について
お知らせ
共通機器室の機器を利用する際には、共通機器室利用登録申請を行い、本サイトから機器の予約を行ってください。機器を利用した際には、機器に備え付けてある使用簿に必要事項を記載してください。
教員が管理する共通機器を利用する際には、管理教員と連絡調整の上使用してください。

○共通機器に関する規程、様式、注意事項等

○利用マニュアル

問い合わせ先:教育研究支援部研究支援課研究企画係
TEL:0155-49-5342
FAX:0155-49-5289
E-mail:kyotusys@obihiro.ac.jp
2018/02/21 研究支援課 共通機器室HPを更新しました
2018/01/30 ポータルサイト 利用者名が異なる不具合について
2017/12/11 機器予約に関して
2017/10/04 実体顕微鏡(2014054)、倒立蛍光相差顕微鏡(2014004)の使用について

62 件中 31 から 40 までを表示しています。

機器一覧

画像機器名機器分類型式説明管理責任者
 
 
 
 
2017004.JPGQubit(2017004)測定・分析装置Qubit®3.0サーモフィッシャーサイエンティフィック  ポピュラーなベンチトップ型フルオロメーターの次世代型装置で、高感度なQubit®定量アッセイを使用して、DNA、RNAおよびタンパク質の高精度な測定を行う  ※予約は不要です。必要事項を利用簿に記入の上、使用してください※共用機器基盤センター長(kyotusys)
K2014007.jpgマルチラベルカウンター(K2014007)測定・分析装置ARVOM-d 他多くのプレートアッセイ測定に対応したプレートリーダー宮本 明夫(akiomiya)
2014010.jpgフローサイトメーター(2014010)測定・分析装置COULTER EpicxXL微細な粒子を流体中に分散させ、その流体を細く流して、個々の粒子を光学的に分析する機器共用機器基盤センター長(kyotusys)
K2014008.jpgIQ5リアルタイムPCR解析システム(K2014008)測定・分析装置-ポリメラーゼ連鎖反応 (PCR) による増幅を経時的(リアルタイム)に測定することで、増幅率に基づいて鋳型となるDNAの定量を行う機器宮本 明夫(akiomiya)
2015002.jpgリアルタイムPCR装置(2015002)測定・分析装置ライトサイクラー480インスツルメントⅡ 96well-TLV1ポリメラーゼ連鎖反応 (PCR) による増幅を経時的(リアルタイム)に測定することで、増幅率に基づいて鋳型となるDNAの定量を行う、96サンプル対応、アダプター使用により8サンプルから解析可能。共用機器基盤センター長(kyotusys)
K2015009.jpg分光測色計(K2015009)測定・分析装置CM-5,ターゲットマスクφ3mm CM-A195色の測定装置(SCI(正反射光含む)とSCE(正反射光除去)の同時測定及びレアメタル、有機EL、創薬などの高額な粉の微量測定が可能)島田 謙一郎(kshimada)
2014005.jpgマイクロプレートウォッシャー(2014005)洗浄装置モデル15751mmunowash 170-7009JA96穴プレート対応のプレートウォッシャー共用機器基盤センター長(kyotusys)
2014063.jpg湯浴式パラフィン伸展器(2014063)標本作製PS-125WH薄切後、湯浴伸展のみでは伸展しにくい切片に使用するホットプレート装備共用機器基盤センター長(kyotusys)
2014068.jpgパラフィン伸展器(2014068)標本作製PS-53病理標本作成において薄切検体を伸展・乾燥させる装置共用機器基盤センター長(kyotusys)
2014062.jpgパラフィン伸展器(2014062)標本作製PS-53病理標本作成において薄切検体を伸展・乾燥させる装置共用機器基盤センター長(kyotusys)