動物が有する生命の基本原理と動物ー病原体相互間にみられる生物学的事象を総合的に科学する獣医学研究部門である。健康な動物の生命現象に関わる基礎的研究を推進するとともに、近年の自然界の環境変化や環境汚染物質が動物にもたらす現象の解明や、種々の動物にみられる疾患の診断・病態の解明、感染性疾患の原因となる病原体との相互作用について、診断・予防法を含め研究を行う。

形態機能学分野

動物種にかかわらず健常な動物の構造・機能・生化学的分野の統合した研究を行うとともに、近年の自然界を取り巻く様々な環境変化、各種化合物に暴露された際の生体反応や野生環境下での生態・生理学的機能を含む環境内での共生・共存に関わる研究を行う。

病態予防学分野

伴侶動物、産業動物や野生動物にみられる腫瘍、生産病や種々の病原体(寄生虫、原虫、細菌、ウイルス等)を原因とする感染症等の様々な疾患について、病気の診断とその原因因子の解析、宿主側の病態について研究を行うとともに、先駆的診断法の開発や戦略的予防法に関する研究を行う。