家畜内科学講座    Laboratory of Veterinary Internal Medicine


講座の沿革
家畜内科学講座は,1941年(昭和16年)本学の前身,帯広高等獣医学校の創立翌年に赴任した小西辰教授(在任1943−1982年)が初めて担当し,今日の臨床教育の基盤を固めるとともに,様々な家畜内科疾患,とくに家畜の中毒と栄養障害に関する研究を行った。次の時代を引き継いだ一条 茂教授(在任1982−1993年)は家畜の栄養障害,代謝病,血液病,消化器病など多彩な研究活動を行い,とくに家畜のビタミンE・セレニウム欠乏症の病態,診断,予防法に関する研究に精力的に取り組んできた。現在は三代目教授更科孝夫を中心として、産業動物よりも小動物を対象とした診療・研究が中心で運営されている。

研究の特徴
 研究室では,従来は牛の白筋症,地方病性甲状腺腫,胃腸鼓脹症候群などを主要研究課題としてきた。しかし、現在では社会的構造の変化とスタッフの入れ替わりのため、犬、猫の研究が主体になりつつある。
 牛に関するものでは、各種寄生虫や原虫の疫学的調査やその経済性に及ぼす影響などを対象とした研究を行っている。犬での研究は、重症筋無力症の血清診断の開発や甲状腺機能の臨床学的考察、ならびに腫瘍学的な側面から診断・治療に関する研究について検討している。

研究室スタッフ
教員: 更科孝夫
    宇塚雄次
    田辺茂之
大学院生: 5名
学部学生: 8〜10名

教官の概要
教授
更科 孝夫
Takao SARASHINA
生年月日:1941年3月1日
電話番号:49-5370, Fax番号:49-5374
E-mail address:sarasina@obihiro.ac.jp
専門分野:
 獣医内科学,獣医寄生虫病学
研究課題:
 家畜の栄養障害に関する研究,家畜の微量元素欠乏症 に関する研究
所属学会:
 日本獣医学会(評議員),日本畜産学会,日本産業動物学会,日本小動物獣医学会,日本獣医公衆衛生学会,国際牛病学会,日本獣医循環器学会,日本寄生虫学会,日本衛生動物学会

助教授
宇塚 雄次
Yuji UDUKA
生年月日:1956 年 5 月 12 日
電話番号:49-5371,Fax番号:49-5374
E-mail address:uji@obihiro.ac.jp
専門分野:
 獣医神経病学、小動物内分泌学
研究課題:
 中枢神経系障害における画像診断と電気生理学的機能検査の相関
 犬の甲状腺機能の季節性変化
 犬の重症筋無力症の血清診断の検討
所属学会:
日本獣医学会(評議員),日本獣医師会、日本生理学会、日本臨床神経生理学会、日本聴覚医学会、日本実験動物学会、獣医疫学会、獣医神経病研究会

助手
田辺茂之
Shigeyuki TANABE
生年月日:
電話番号:49-5372、Fax番号:49-5374
E-mail addresss:tanabe@obihiro.ac.jp
専門分野:
研究課題:

研究業績
原著論文:
 田中幹郎,中間實徳,宇塚雄次,阿武雅夫,後藤直彰,緒方隆. 1985 黒毛和種に認められた右肺前葉の形成不全の1症例. 日獣会誌. 38:667-670.  
Sarashina, T., and Taniyama, H. 1986. A case of Hyostrongylus rubidus infection in a pig. Jpn. J. Vet. Sci. 48: 163-167. 
Sarashina, T. and Sato, K. 1986. Demodicosis in the Golden Hamster. Jpn. J. Vet. Sci. 48: 619-622.
更科孝夫,谷山弘行,佐藤和男. 1986. チャボの脚疥癬とKnemidokoptes mutansの発育ステージの検討. 日獣会誌. 39: 593-596.
Sarashina, T., Taniyama, H. and Yamada, J. 1987. A case of Contracaecum spiculigerum (Ascaroidea: Anisakinae) infection in a cormorant (Phalacrocorax carbo). Jpn. J. Vet. Sci.49: 15-21.
一条 茂,納 敏,飯島良朗,更科孝夫. 1987. ミオグロビン尿症を伴った放牧子牛のミオパシーに関する臨床ならびに臨床病理学的観察. 日獣会誌. 40: 562-566.
Uzuka, Y., Kawasaki, Y., Tokuriki, M. and Matsumoto, H. 1987. An experimental study of the cortical somatosensory evoked potentials in the cat. Jpn. J. Vet. Sci. 49:926-928.
Uzuka, Y. and Nakama, S. 1988. Persistent right aortic arch in a cat.
Companion Anim. Practice   2:14-16.
納 敏,一条 茂,三宅拓夫,更科孝夫. 1988. 心筋型白筋症に関する臨床ならびに臨床病理学的所見. 日獣会誌. 41: 702-706.
Kasahara, T., Ichijo, S., Osame, S. and Sarashina, T. 1989. Clinical and biochemical findings in bovine cerebrocortical necrosis produced by oral  administration of amprolium. Jpn. J. Vet. Sci. 51: 79-85.
村上由紀,一条 茂,納 敏,更科孝夫. 1989. 牛に対するビタミンAD3Eプレミックス経口投与後のビタミンEとAの血中濃度の変化. 日獣会誌. 42: 161-165.
村上由紀,一条 茂,納 敏,更科孝夫. 1989. 子牛へのビタミンAD3Eプレミックス投与に対する胆汁分泌促進処置の効果. 日獣会誌. 42: 245-248.
Uzuka, Y., Doi, S., Tokuriki, M. and Matsumoto, H. 1989. The establishment of a clinical diagnostic method of the visual evoked potentials (VEPs) in the cat: the effect of recording electrode positions, stimulus intensity and the level of anesthesia.  Jpn. J. Vet. Sci.  51:547-553.
Uzuka, Y., Nakahata, K., Takeda, Y. and Gotoh, N. 1989. Electrophysiological and pathological study in a dog with seizure. Jpn. J. Vet. Sci.  51:1055-1058
Uzuka, Y., Matsunami, K., Tokuriki, M., Doi, S., Masuda, C., Kawahara, T., Matsumoto, H. and Tanaka, T. 1989. Abnormal wave forms of auditory brainstem response (ABR) in two dogs. Jpn. J. Vet. Sci.  51:1083-1086.
Tokuriki, M., Matsunami, K. and Uzuka, Y. 1990. Relative effects of
xylazine-atropine, xylazine-atropine-ketamine, and xylazine-atropine-pentobarbital combinations and time-course effects of the latter two combinations on brain stem auditory-evoked potentials in dogs.  Am. J. Vet. Res.  51:97-102.
Sarashina, T., Ichijo, S., Takahashi, J. and Osame, S. 1990. Origin of abomasum gas in the cows with displaced abomasum. Jpn. J. Vet. Sci. 52: 371-378.
Sarashina, T., Takahashi, J., Ichijo, S. and Osame, S. 1990. Collection and infrared analysis of rumen gas in cows. Jpn. J. Zootech. Sci. 61: 368-370.
室賀友子,一条 茂,納 敏,江口 暢,更科孝夫. 1990. 牛に対するビタミンAD3Eプレミックス経口投与後のビタミンEとAの血液および乳汁濃度の変化. 日獣会誌. 43: 330-335.
納 敏,瀬尾洋行,一条 茂,稲田一郎,江口 暢,更科孝夫. 1990. 牛の乳汁中体細胞数に及ぼすビタミンA, Eの効果. 日獣会誌. 43: 453-458.
Sarashina, T., Takahashi, T., Ichijo, S. and Osame, S. 1990. Infrared analysis of gases produced by incubation with gastrointestinal fluids of cows. Jpn. J. Zootech. Sci. 61: 956-958.
竹村香里,納 敏,一条 茂,更科孝夫. 1990. 乳牛におけるビタミンAD3Eプレミックス液剤およびルーメン・バイパス剤の応用. 日獣会誌. 43: 864-868.
Morinaga, Y., Osame, S., Sarashina, T. and Ichijo, S. 1990. Clinicopathological observation on calves with enzootic goiter. Jpn. J. Vet. Sci. 52: 1309-1311.
更科孝夫,米道裕彌. 1991. 北海道における夏季乳房炎:Actinomyces pyogenesとPeptococcus indolicusの混合感染による実験的乳房炎の臨床と病理学的所見. 日獣会誌. 44: 690-695.
一条 茂,納 敏,竹田孝夫,更科孝夫. 1991. 馬に対するセレニウムおよびトコフェロールの投与試験. 日獣会誌. 44: 700-706.
井上理人,一条 茂,納 敏,更科孝夫. 1991. 乳用雄子牛と雌子牛の発育段階における血清のビタミンA, ビタミンE,セレニウム,脂質分画および血液グルタチオンペルオキシダーゼ活性の変化. 日獣会誌. 44: 887-892.
納 敏,森永康裕,一条 茂,更科孝夫. 1991. 食肉検査センター搬入子牛における地方病性甲状腺腫. 日獣会誌. 44: 1098-1101.
一条 茂,納 敏,竹田孝夫,更科孝夫. 1992. 馬に対するセレニウムとトコフェロール大量投与後の血液と臓器中濃度. 日獣会誌. 45: 8-12.
大池三千男,一条 茂,納 敏,更科孝夫. 1992. 流・早産胎子馬の白筋症に関する臨床病理学的所見. 日獣会誌. 45: 247-252.
宇塚雄次、深来 恵、和田直巳. 1992. 犬の聴性脳幹反応について. 脳波と筋電図20:233-240.
柳尾和広,更科孝夫,一条 茂,納 敏. 1992. 牛の盲腸拡張症および盲腸捻転における血液ガスならびに電解質の動態. 日獣会誌. 45: 394-396.
Nakahata, K., Uzuka, Y., Matsumoto, H., Goto, N. and Sasaki, K. 1992.Hyperkinetic involuntary Movements in a young Shetland sheep dog. J. Am. Anim. Hospital Assoc.  28:347-348
宇塚雄次、原 行雄、松本治康. 1993. 犬における好中球アルカリフォスファターゼ活性. 日獣会誌 46:398-401.
Murata, T., Tagami, R., Inoue, M., Uzuka, Y., Taura, Y. and Nakama, S. 1994. Investigation of nitroblue tetrazolium reduction of neutrophils in a dog infected with Hepatozoon canis. Exp. Anim.   43:101-103.
Uzuka, Y., Saitoh, M., Hiramatsu, I. and Nagata, T. 1995. Studies on
the factors affecting the recording of somatosensory evoked potentials induced by tibial nerve stimulation in dogs. J. Vet. Med. Sci. 57:871-876
Uzuka, Y., Furuta, T., Yamaoka, M., Ohnishi, T., Tsubone, H. and Sugano, S. 1996. Threshold changes in auditory brainstem response (ABR) due to the administration of kanamycin in dogs. Exp. Anim.  45:325-331.
Uzuka, Y., HIramatsu, I., Onishi, Y. and  Nagata, T. 1997.  Effect of simultaneous bilateral tibial nerve stimulation on somatosensory evoked potentials in dogs.  J. Vet. Med. Sci.  59: 811-813.
土肥僚子、古岡秀文、松井高峯、中川迪夫、結田康一、宇塚雄次、更科孝夫. 1997.  北海道十勝地方のめん羊にみられた甲状腺腫. 日獣会誌. 50:635-638.
Kii, S., Uzuka, Y., Taura, T., Nakaichi, M., Takeuchi, A., Inokuma, H. and Onishi, T. 1997. Magnetic resonance imaging of the lateral ventricles in beagle-type dogs. Vet. Radiol. & Ultrasound,  38:430-433. 
Uzuka, Y., Fukaki, M., Hara, H. and Matsumoto, H. 1998. Brainstem auditory evoked responses elicited by tone-burst stimuli in clinically normal dogs. J. Vet. Internal Med.  12: 22-25.
大橋英二、宇塚雄次、古岡秀文. 1998. イトラコナゾールによる猫のクリプトコックス症治験の1例. 日獣会誌. 51:197-199.
Kii, S., Uzuka, Y., Taura, Y., Nakaichi, M., Inokuma, H. and  Onish, T. 1998. Developmental change of lateral ventricular volume and ratio in Beagle-type dogs up to 7 months of age. Vet. Radiol. & Ultrasound.   39: 185-189.
紀井幸恵、宇塚雄次、田浦保穂、林 俊春、猪熊 壽、大西堂文.  1998. 無症状ビーグル犬における透明中隔欠損をともなう両側性側脳室拡大例. 日獣会誌. 51:368-370.
更科孝夫、宇塚雄次、朴 性俊、竹内未来、石井昌史、小山 聡、関口 豪、吉岡 祐、板鼻秀信、澤野 亮. 1998. スルファモノメトキシンおよびオルメトプリム合剤による肥育牛コクシジウム症の治療. 日獣会誌. 51:579-582.
Uzuka, Y., Yoshioka, T., Tanabe, S., Kinoshita, G., Nagata, T., Yagi, K., Funaki, H., Hanyu, H. and Sarashina, T. 1999. Chemical control of Haematobia irritans with 0.5 % Topical Ivermectin solution in cattle. J. Vet. Med. Sci.  61:287-289.
Yoshioka, T., Uzuka, Y., Tanabe, S., Sarashina, T. and Ishiguro. N.1999. Molecular cloning of the canine nicotinic acetylcholine receptor a-subunit gene and development of the ELISA method to diagnose myasthenia gravis. Vet. Immunol. and Immunopathol.  72: 315-324.
羽生英樹、木下 現、永田 正、白浜 潤、船木博史、八木勝義、宇塚雄次、更科孝夫、平塚重郎、葉梨輝夫. 1999. 北海道十勝地区における放牧育成牛の消化管内寄生虫、牛肺虫感染状況およびイベルメクチン製剤の経皮投与による駆虫効果. 獣医疫学雑誌. 2:83-87.
Yagi, K., Oohashi, E., Tanabe, S., Uzuka, Y. and Sarashina, T. Serum thyrotropin response to thyrotropin-releasing hormone administration in six healthy beagle dogs. Vet. Rec. 


その他の原著論文:
一条 茂,更科孝夫,納 敏,佐藤基佳,大星健治. 1986. 頚部胸腺に腫脹を認めなかった胸腺型牛白血病の1例. 臨床獣医. 4:75-79.
赤松里香,真保俊幸,谷山弘行,松井高峯,更科孝夫,小野 威. 1987. 北海道に発生した子ウシのCryptosporidiosisの一例. 北獣会誌. 31:46-49.
更科孝夫,一条 茂,納 敏,白石 修. 1990. 子牛の 下痢に対するホスホマイシンの治療効果. 北獣会誌. 34:124-128.
更科孝夫,米道裕彌,瀬能 昇. 1991. 北海道における夏季乳房炎:野外症例の臨床,細菌および病理学的所見. 畜大研報T. 17:109-115.
米道裕彌,更科孝夫. 1991. 北海道における夏季乳房炎:Actinomyces pyogenesによる実験的乳房炎の臨床と病理学的所見. 畜大研報T. 17:117-122.
本田幸治,福井 豊,更科孝夫. 1992. めん羊の糞便内ネンテンイチュウ虫卵数と血球容積(PCV)の季節的変化. 家畜診療. 353:48-53.
大橋英二,更科孝夫. 1993. ネコの急性トキソプラズマ症を疑う2症例. 北獣会誌. 37:16-19.
田浦保穂、三笠直也、宇根智、田中紀則、鈴木敏之、増山龍一、中市統三、宇塚雄次、中西理恵. 1993. 小動物臨床とMRI 1.MRIの基礎. 小動物臨床 12(3):25-30.
林 賢一,福井 豊,更科孝夫. 1994. めん羊のネンテンイチュウに対するイベルメクチンとチアベンダゾールの糞便検査による駆虫効果の検討. 家畜診療.367:25- 29.
村山信雄,草場信之,納 敏,一条 茂,更科孝夫. 1994. 妊娠牛に対するセレニウム含有酵母の投与 試験. 獣畜新報. 47:449-452.
田原秀樹、小田さゆみ、柏木史郎、宇塚雄次、徳力幹彦. 1995. 先天性水頭症にたいしてシャント形成術が成功したチワワの一症例. 小動物臨床 14:55-65.
添田晋吾、大西堂文、宇塚雄次、野口主宏、猪熊 壽、大桃徳男、林 俊春. 1996. 犬の無菌性結節性皮下脂肪組織炎の1例. 小動物臨床 15:75-78.
宇塚雄次、中間實徳、阿武雅夫、徳力幹彦、井上 誠、後藤直彰. 1996. 無能症の新生子牛に対する脳波学的研究. 家畜診療. 394:15-19.
宇塚雄次、更科孝夫、土肥僚子、望月由比、中島佐和、竹内未来、吉岡 祐、石井昌史. 1997. インターフェロン療法が奏効した馬の肺炎の1例. 獣畜新報. 50:823-825.
滝脇広子、更科孝夫、大池三千男、大橋英二、寺谷義彦、中川光義、弘川治喜、宇塚雄次. 1997. 帯広市周辺におけるイヌの消化管内寄生虫感染状況. 小動物臨床 16:77-80.
Lee, Y-K., Sarashina, T., Uzuka, Y., Taguchi, K. and Kim, D-H. 1997. Studies on fatty liver of cows with abnormal displacement. Journal of Veterinary Science CNU(動物獸科學研究誌).  51:79-89.
堤 郁子、更科孝夫、宇塚雄次、田邊茂之.  1998.  北海道におけるめん羊の第四胃内線虫寄生の疫学.  家畜診療. 45:245-249.


著書:
更科孝夫,宇塚雄次. 獣医学大辞典. 田中享一ら編,チクサン出版社,東京,1989.
宇塚雄次. 細胞診の実際 分担執筆 「尿沈渣」 p.p.69-77. 1990年6月 学窓社
更科孝夫. 明解獣医辞典. 田中享一ら編,チクサン出版社,東京,
1991.
宇塚雄次. 小動物看護用語辞典 分担執筆 1997年9月  インターズー

訳書:
更科孝夫. 獣医臨床シリーズ(1989年版),小児科学.  新山雅美・戸尾祺明彦監訳,学窓社,東京,1989.
宇塚雄次. 小動物の神経病  (共訳) 1985年9月 学窓社
宇塚雄次. 臨床徴候と診断 分担執筆 「発作」「対麻痺」「四肢不全麻痺」p.p.259-298. 1993年4月 文永堂出版

総説、他:
更科孝夫. 1986. 豚の内外寄生虫(その1)豚の肝白斑症の現状とその対策. ふぉーなす,6:1-6.
宇塚雄次. プロベット 臨時増刊号 「小動物の遺伝性・先天性疾患」 分担執筆 「水頭症およびその他の先天性神経疾患」 p.p.81-90. 1998年6月  インターズー
宇塚雄次. AD&S 「Urinary System」 分担執筆 「尿路結石」
p.p.411-415. 1998年12月号  インターズー
宇塚雄次、中市統三、田辺茂之. SA Medicine  「嘔吐・吐出」 分担執筆 「食道の疾患」 p.p.9-17. Vol. 1 No. 3 1999 インターズー