○国立大学法人帯広畜産大学動物実験等に関する規程
(平成20年5月21日規程第21号)
改正
平成21年3月27日規程第21号
平成24年3月15日規程第25号
平成26年2月12日規程第4号
平成29年3月28日規程第15号
(前文)
 大学等における動物を用いた生命科学研究は,人の健康,福祉及び先端医療の開発展開のみならず,動物の健康増進等における研究分野の進展においても必要な手段である。
 一方,平成17年6月に動物の愛護及び管理に関する法律の一部を改正する法律(平成17年法律第68号)が公布され,動物実験等に関する理念であるいわゆる3Rのうち,Refinement(科学上の利用に必要な限度において,できる限り動物に苦痛を与えない方法によってしなければならないことをいう。)に関する規定に加え,Replacement(科学上の利用の目的を達することができる範囲において,できる限り動物を供する方法に代わり得るものを利用することをいう。)及びReduction(科学上の利用の目的を達することができる範囲において,できる限りその利用に供される動物の数を少なくすることをいう。)に関する規定が盛り込まれた。
 このような動物実験等を取り巻く環境の変化を受け,科学上の必要性のみならず,動物の愛護及び管理に関する法律(昭和48年法律第105号。以下「法」という。),研究機関等における動物実験等の実施に関する基本指針(平成18年文部科学省告示第71号。以下「基本指針」という。),実験動物の飼養及び保管並びに苦痛の軽減に関する基準(平成18年環境省告示第88号。以下「飼養保管基準」という。),その他関係法令等(以下「関係法令等」という。)の規定を踏まえ,科学的観点と動物の愛護及び環境保全の観点並びに動物実験等を実施する職員,学生等の安全確保の観点,さらには周辺住民等を中心に他人の生命,身体,財産を侵害しない等の観点から,国立大学法人帯広畜産大学(以下「本学」という。)における動物実験等の適正な実施を図るため,国立大学法人帯広畜産大学動物実験等に関する規程を定める。
(基本原則)
(定義)
(適用範囲)
(動物実験委員会の設置)
(委員会の任務)
(委員会の組織)
(委員長等)
(会議)
(迅速審査)
(秘密の保持)
(担当事務)
(総括管理)
(動物実験計画の立案,審査,手続き等)
(実験操作)
(動物実験施設の設置)
(動物実験施設の要件)
(実験室の設置)
(実験室の要件)
(施設等の維持管理及び改善)
(施設等の廃止)
(標準操作手順の作成と周知)
(実験動物の健康及び安全の保持)
(動物実験施設への実験動物の導入)
(給餌及び給水)
(健康管理)
(異種又は複数の動物の飼育)
(記録の保存及び報告)
(譲渡等の際の情報提供)
(輸送)
(危害防止)
(緊急時の対応)
(準用)
(雑則)