第5回派遣活動 − その4 −

現在フィリピンで行われている派遣活動について,現地からリアルタイムで報告します。下から古い順になっています。第4次隊までの活動については,「海外派遣活動」からご覧になれます。

第5次隊のその他のファイル
[その5][その4][その3][その2][その1]

第5次隊の派遣スケジュール

麻本隊員の活動報告


8月25日
 8月23,24日とマニラのJOCVドミトリーで休日を過ごし,今日からまたホームステイ先のエレンさんの家へ戻り,活動を始めました。 JOCVドミトリーで6人全員が集まり,今までしてきたこと,見て感じたこと,これから何をしたいかなどについて話し合いました。飼料の問題,耳標,繁殖記録の問題,BCS,水はけの問題などそれぞれ農家ごとに抱えている問題も様々でした。もう活動の3分の1が過ぎてしまい,あっという間ですが1日1日大事にしていきたいと思います。

8月26日
 今日は,午前中はパルコンに行きJICA隊員の大林さんにCMTを貸していただきました。さっそく後日,乳房炎チェックしてみたいと思います。

8月27日
  今日は午前7時からサリアヤの近所の方々と,牛乳工場(KKMI),DTRI,農場見学に行きました。古上隊員を除く畜大隊員4名も一緒でした。帰りが夜になってしまいましたが,いろいろな農場を見ることができました。

8月28日
 朝の搾乳でCMTを使い,乳房炎のチェックを行いました。搾乳牛4頭を調べた結果,4頭ともに少なからず乳房炎が見られました。乳房炎の視点からも,改善しなければならない点が多いように感じます。搾乳後はエレンさんにマーケットに連れて行ってもらいました。肉や魚の売っている市場のようなところでは,豚や,鶏の肉が形の残ったまま売られており,少し衝撃的でした。夜は8月30日がタタイ(お父さん)のジュンさんの誕生日ということで,数日早いですが,みんなでケーキを作りサプライズでお祝いしました。


お父さんの誕生日のお祝い

麻本(乳質班)

中山隊員の活動報告


8月25日
 先週末に行ったミーティングで,2mにもなるネピアグラスを細かく細断して給与することにより,ルーメン内発酵が促進され結果的に乳量が増加するとの話があった。そこで,今週はこのことについて問題提起して行こうと考えた。しかしホームステイ先に帰って聞いてみると,もうすでにここでは,細断が行われているとのことだった。計画は振りだしとなってしまった・・・。

8月26日
 今日は先週から取り組んでいる乳検のデータ処理を終わらせ,また活動について考えた。やはり牛の寝床がないことが一番の問題であると思われるので,いかに費用をかけることなく施設を改善できるかについて考えた。そして,ビニールシートを木に結びつけ屋根にすることで泥濘化を防いで,快適な寝床を確保できるのではないかと提案したのだが,『必要ない』と衝き返されてしまった。

8月27日
 本日も何かできることはないか,と考え,ソニアに相談することを繰り返し行った。しかしなかなかまじめに聞いてもらえず賛同も得られず悩む日々が続く。

8月28日
 今日は活動を行わなかった。今週1週間,ボランティアを行うことや家族の方と理解し合うことの難しさについて考えさせられることが多く,時間が限られていることへの焦りもあり,苦しいと思う時間が多かった。未だに活動と呼べる活動は何一つ行っていないのが現状であるが残された1週間でこのサンフランシスコに何かを残すことができたら良い。


 



 

中山(粗飼料班)

大勝隊員の活動報告


8月25日
 正午過ぎにステイ先に到着。ジェリック(近所の男の子)がわざわざ迎えに来てくれました。午後の搾乳も終わり,ここ5日間のデータを分析したところ,あまり好くない結果が…。問題が山済みです。

8月26日
 NDAの方々がブルセラ病チェックの為,牛の採血をしに来ました。この地区の農場一帯を回っているそうです。うれしいことに,同行させていただきました。さらに採血まで!貴重な体験でした。

8月27日
 今日はパルコンの方たちと農場見学です。ニュージーランドから輸入した搾乳設備や,KKMIの工場を回りました。貧富による設備格差を実感しました。

8月28日
 ジュンさん(父)とエレンさん(母)に連れられ,地元のマーケットへ。フィリピンの文化に驚かされた一日でした。

8月29日
 今日もNDAの方と共に近所の農家を回りました。フィリピン大学の獣医学生ともたくさんのお話しができ,いい経験になりました。

大勝(濃厚飼料班)

古上隊員の活動報告


8月25日
 朝9時ごろJOCV-Dormを出発。渋滞がなければ11時には着くでしょう。幸い,この日はNational Holidayで道は空いていてスムーズにホームステイ先までたどり着けた。フィリピンでは休日の方が平日より,車が少ないらしい。休みは家でゆっくりと・・・,がフィリピンスタイル。日本とは逆でちょっと面白い。国民性を感じる瞬間でした。

8月26日
 マニラに行った日からずっと,胃もたれのような違和感が消化器系にあったが,この日は朝からシクシク痛んだ。食べると痛くなるのでご飯はいらないと言うと,「食べないと良くならない!」と,家族に迫られ仕方なく少し食べた。案の定,痛みは増大!今日は1日何も食べないと誓った。一応,今の状況をアキさん(小路さん)に報告した。Dr.キダに「ほう・れん・そう(報告・連絡・相談)」を,耳にタコができるほど言われたからなぁ・・・。アキさんの判断で,すぐマニラの病院に行く事に・・・。今日は平日=渋滞,しかもフリーザーバス(クーラーがんがんのバスのこと)で移動!最悪。一番嫌なのは,「Japよえーなー」って思われること。でも,意地張って酷くなったらもっと格好悪いので,甘んじてマニラへ。着くのは夜なので,病院は明日だな。

8月27日
 9時に病院に向かった。昨日はほとんど何も食べてないので,調子がいい。どうしよう!何か恥ずかしい。わざわざマニラまで移動してきたのに治ってる!?検便をするのでカップを渡されたが出ない。とりあえず診察してもらったが,「お腹こわしたんですね。」って言われて終わった。そんな馬鹿な。マニラまで来てこれで良い訳がない!検便だけでもしてもらわないと,胸を張って国に帰れん!良いのか悪いのか,昨日食べてないから出てくれないのだ。この悪循環を脱するには,う○こを捻り出すしかない!!コーヒー,紅茶,色々試したが駄目。最後は力業でMission Complete!痔になりそうだった。なったらなったで面白かったかな?検便の結果,何ともなかった。これで,胸張って帰れる。その日のうちに,ステイ先に帰った。家に着くと,とても心配していた。心配かけてごめんなさい。そして,アキさんありがとうございました。その夜はおかゆを食べて早めの就寝。

8月28日
 しばらく食事の量を減らして,油モノは食べないようにした。調子はいいのでお手伝いだ。放牧のための囲い作り。毎朝作っては夕方には壊す,その繰り返しだ。これは大変な作業だ。放牧は給餌の手間がかからないので楽なはずだが,毎朝囲いから作るとなると話は別。でも,11頭分の餌をCut&Carryするよりは楽なのかな。でも,放牧のメリットが失われている気がする。しかも,11頭に1/16ヘクタールくらい。少なすぎる。前から分かっているけど問題は餌。濃厚飼料をやり始めたが,いつまで続くか分からない。かけられるお金は限られていて,餌の量も足りていないとなると,餌を自分で栽培するか,牛の数を減らして1頭に当る量を増やすかだ。どうアプローチしようか。

8月29日
 今朝は,子牛と育成牛の世話の手伝いができた。水と濃厚飼料を水に混ぜてやっているが,大林さん曰く「水に混ぜてやると,第一胃で発酵せずに流されてしまうのでよくない」らしい。Dr.キダに聞いておいたほうがよさそうだ。午後からはマニラに移動です。


 


古上(繁殖班)

松島隊員の活動報告


 ご無沙汰しております。乳質班の松島です。本日(8月31日)は日本では一般的に言って夏休み最終日,子供達は宿題に追われていることでしょう。残り少なくなってきたフィリピンでの日々,私は至って健康です。一度病院のお世話になりましたが・・。昨日は1人の隊員がダウンしました。なにかと病気関係で正規隊員の方や調整員の方,JICAや大学に多大な迷惑をお掛けしてしまう5次隊ですが隊員全員自己管理,健康管理について今一層気をつけていきたいと思っていますのでどうか暖かく見守っていて下さいませ・・。では,今週の活動記録を。

8月25日
 マニラから任地先へ移動。途中,サンフランシスコの中山隊員のステイ先を訪問。大家族で皆さん仲が良さそうで,日本にあるような家という印象を受けました。続いてはチャオンの古上隊員のステイ先,アルマンさんの家で昼食をご馳走になりました。自分のステイ先とはまた違った料理でとてもおいしかったです。自分のステイ先に戻り,夕方の搾乳と農場見学。

8月26日
 朝4時に搾乳手伝い,見学。ジェマが線路を通るトロッコに乗って市場へ買い物に連れて行ってくれました。市場は肉や魚,野菜が生々しく置いてあり,人で賑わっていてとても興奮する空間。昼過ぎからは親戚の方々がいらっしゃったのでご飯がとても豪華でした。ジェマの祖母のローラ(93歳!!!)が,私の大好きなバロットをたくさん持ってきてくれました。毎日3個は食べる破目に・・。 話は変わりますがジェマの家では現在甥っ子を預かっており,その子がいたずらをする度にジェマはものすごい剣幕で叱りつけるのです。私も鳥肌が立つ程に・・。ここで何人かの子供を見る限りでは,お金持ちの子供はかなりわがままです。私もその甥っ子をただ可愛がっているだけなのですが,やはり子供を育てるには甘やかすだけではだめなんだなー,ということを実感した経験でした。夕方からはNDAの方が牛の血液サンプルと糞の採取をしに来られ,私も血液採取をさせていただくという貴重な体験をしました。


市場



甥っ子のディックと巨大キノコ

8月27日
 朝4時搾乳。今日はNDAが企画した「酪農家達が他の農家やKKMI,DTRIなどを回るツアー」です。ジェマと一緒に私も便乗させていただきました。他の隊員も一緒に貸切ジープニーに乗り,半分遠足気分で出かけました。スターバックスに牛乳を卸しているという大きな農家では,牛は完全に産業用として扱われ機械化,工場化(?)が進んでいました。そういった農家のある一部では牛の扱いはぞんざいで,搾乳手順も衛生概念を無視しているように感じられました。そういった点ではとても良い見学会だったと思われます。ただ酪農家達が今日のツアーの趣旨を理解して来ているのか?が謎でした。


大規模な農場

8月28日
 朝4時搾乳。今日はPALCONに行き,正規隊員の大林さんから最終報告についての助言をいただきました。 サリアヤ内の他の隊員と話し合いをしているとあっという間に時が過ぎてしまいます。 今日は麻本,大勝隊員のステイ先と藤井隊員のステイ先,両方ともで誕生会が行われているらしく羨ましい限りです。夕飯は庭のキノコを料理しました。いつも料理を教えてもらえるので嬉しいです。 とりあえず最終報告について,自分のやる事は決まってきたのであとは実行するのみです。 来週は忙しいことになるでしょう。

8月29日
 朝の搾乳時に乳のCMT検査を行う。慌ただしくマニラへ向かう。

松島(乳質班)

藤井隊員の活動報告


 お久しぶりです!育種班 藤井です。昨日,2週目の活動を終え,無事に任地よりマニラへと上がってきました。こちらは,相変わらず蒸し暑く,インターネットで見る帯広との気温差にびっくりします。 どの隊員も,個々の任地での活動に慣れ,意気揚々と毎日を過ごしているようです。それでは,1週間の活動記録です。

8月25日
今日はマニラより各任地へと戻りました。途中,THIAONGの古上隊員のステイ先Armandさん宅で昼食をいただきました。さつまいもがとてもおいしく,また自分のステイ先で食べた事のないものも食べることができ良い経験になりました。任地へ到着後,早速活動に入りました。なるべく多くの正確なデータがとれるようにがんばります。

8月26日
 今日は,朝搾乳後,PALCONに行きました。以前思いついた乳検を浸透させる案について大林隊員と相談しました。厳しい意見も含めたくさんの意見を聞けてよかったです。

8月27日
 今日は,酪農家さんの研修旅行に同行させていただきました。多くの,フィリピン最新の牧場を見学させていただきました。ニュージーランドとのつながりが強く技術者の方の多くもニュージーランドへの留学を経験しておられるようでした。しかし,いろいろ不備も多く,世界基準のとは程遠いものだなと感じました。

8月28日
 今日は,一日中PALCONで活動しました。自分の活動の方向性をほぼ固めることができました。とはいったものの,まだまだ完成には程遠いのですが…。また,今日は,次男Ericの息子の3歳の誕生日で誕生日会に参加させていただきました。サリアヤ村伝統のパーティーで1日中かけて誕生日を祝うという盛大なものでした。

8月29日
 今日も朝からPALCONでデータ集めをしました。欠落しているデータも多くとても苦労しました。 午後からはマニラへと出発しました。







藤井(育種班)

  第5次隊のその他のファイル

[その5][その4][その3][その2][その1]

第5次隊の派遣スケジュール