第4回派遣活動 − その2 −

現在フィリピンで行われている派遣活動について、現地からリアルタイムで報告します。下から古い順になっています。以前のものについては下のリンクからたどってください。

第4次隊のその他のファイル
[その10][その9][その8][その7] [その6] [その5] [その4] [その3] [その2] [その1]

第4次隊の派遣スケジュール

8月19日(日) 久しぶりの休日のように思われます

今日もフィリピンらしい天気で、今朝9時頃に測定したところ気温28℃、湿度80%でした。一日中、気温・湿度ともに変わらなかったようです。

当初の予定よりも1日遅れて出発しましたので、非常にハードなスケジュールをこなしてきました。今日は、隊員にとって久し振りの休日です。ロスバニョスからアイオニさんと田原隊員がマニラのショッピングモールに来ることになりましたので、私も同行し、早々とおみやげを買うことにしました。
他の隊員もステイ先の方と近くのショッピングモールに出かけると聞いています。

昨日と同様、移動中も田原隊員と活動内容について話し合いました。

昼食後、インターネットカフェにおいて田原隊員に掲示板の使い方を教えておきました。下の書き込みがそのときのものです。

本日は活動に関する写真はありませんので、昨日、ジェマさん宅で撮影した蘭の花を紹介します。

カトレア

バンダ

報告:三好(引率教員)

 

8月19日(日) 田原です

田原です。メトロマニラ・マカティ市のインターネットカフェにいます。

元気にしています。 

写真はサリアヤのジェマさんのところの牛です。サヒワール種でしょうか。

報告:田原(派遣隊員)

 

8月19日(土) ホームステイ先を訪問しました

15日にマニラに到着してから雨が続き、気温も30℃を下回り、湿度も60%を超えることがなく、フィリピンらしくないと思っていましたが、今日は、午前9時にホテル前で計ってみますと気温34℃、湿度80%でした。12時頃には、風が少しありましたので湿度は60%でしたが、気温は日陰36℃、日の当たるところでは、38から40℃にもなりました。

フィリピンらしい天気の今日は、スタッフの方々休日でしたが、学生隊員のコーディネイトをして頂いている研究助手のアイオニさん(田原隊員のステイ先)にお願いして、サリヤヤのジェマさん宅(黒田、梅木両隊員のステイ先)とチャオンのアルマンさん宅(茂木、河野両隊員のステイ先)を訪問してきました。

ジェマさんは、今回、初めて隊員を引き受けていただきましたが、まず、なりよりも乳牛が大好きな方で繁殖記録や泌乳記録を几帳面にとられていました。学生隊員も彼女のパワーですぐに活動できると確信しました。

アルマンさんは、昨年も豊田、芦田両隊員を引き受けていただいた方です。昨年よりも頭数を増やし、跡継ぎの息子さんを今年ニュージーランドに研修に行かせるほど酪農に熱心な方ですので、隊員も心強いと思います。

同行した田原隊員も含め、今日会った全隊員は、すでに英語での会話で意思の疎通が出来るまでになっていました。これで今後、十分な活動できると確信し、マニラに帰ってきました。

報告をする三好教授黒田、梅本隊員とジェマさん

質問を受けるアルマンさん(右側)と記念撮影

報告:三好(引率教員)

 

8月17日(金) 三好教授のセミナーを開催しました。

マニラを出発した時から雨が降っていましたが、途中からかなり激しく降り続くようになりました。

本日は,10時からセミナーが開かれ、そこで私が報告することになっていたのですが、会場のフィリピン大学酪農研修・研究所(DTRI)に到着したときにはすでに開催時間を30分過ぎてしまいました。

到着したとき、会場にはすでに大学の寮から移動してきた学生隊員、関係者やフィリピン大学(UP)の学生も多数(30〜40名)集まっており、一休みをしてセミナーが開催されました。
セミナーの司会は、フィリピン大学で私たちの活動を支援してくださっているDr.ジョバウさんでした。彼から紹介された私は、“Fundamentals for Dairy Cattle Breeding ”と題して乳牛の育種についてプレゼンテーションを行いました。

報告のあと質問も多く出されましたので、セミナーは成功したものと思っています。約1時間半のセミナーでした。

報告をする三好教授私の講演(緊張しました)

質問を受けるジョバウさんの司会で質問を受ける

セミナー終了後、会場を出ると外は大雨で、DTRIのすぐちかくにあるJICA−JOCV事務所まで帰るのもままならない程でしたので、昼食は、大学でハンバーガーをまとめて買ってきて済ませました。

午後1時過ぎよりジョバウさんからプロジェクトの説明を受け、学生隊員の自己紹介や正規隊員と現地スタッフの紹介があり、活動分野ごとに顔合わせを行いました。

引き続き、活動の打ち合わせを行う予定でしたが、益々、雨が強くなる様子でしたので、これ以上雨がひどくなる前に学生隊員をそれぞれのホームステイ先に送ることになりました。見送りも出来ないほど強い雨の中、スタッフと学生隊員がステイ先に向かいました。これからが学生隊員にとって本当の本番です。頑張ってくれることでしょう。

学生隊員プロジェクトの説明を聞く学生隊員

正規隊員とお世話になる現地スタッフと正規隊員の方々

報告:三好(引率教員)

 

第4次隊のその他のファイル
[その10][その9][その8][その7][その6] [その5] [その4] [その3] [その2] [その1]