伴侶動物診療科 Small Animal Clinic

ペットのための高度な獣医療、ペットに優しい獣医療を目指して

伴侶動物診療科の施設紹介

診療科(センター)入口の外観

外来患者様用の駐車場は玄関前に5台、その他に付近の来客用駐車場が利用できます。

待合室の風景

受付の風景

診察室

診察室は3部屋、裏の扉は検査・処置室に連絡します。

検査・処置室

血液検査や顕微鏡検査、簡易的処置などを行います。

診察室でのX線写真評価の様子

X線写真はデジタル画像ですが、フィルム画像にもします。

血清生化学検査の様子(検査・処置室)

健康診断的な項目の血液検査や顕微鏡検査などを行います。

      

診察室で電子カルテに入力中

患者様の検査データは電子カルテ内に保存されます。

耳の処置中(検査・処置室)

お願いだから暴れないで。
咬んじゃダメ。

大型画像診断機器(MRI装置,CT装置)

MRI装やCT装置といった最新の画像診断機器を用いることによって、精度の高い病気の診断に役立てています。

MRI装置CT装置
画像解析門脈体循環シャント肉芽腫性髄膜脳炎脳室拡張
腫瘍肺転移椎間板ヘルニア下顎骨外骨症脳腫瘍

手術室と手術風景

手術室では種々の手術が行われていますが、内視鏡を用いた腹腔鏡手術も実施しています。

超音波エコー検査室

非侵襲的に体内の各種臓器に異常がないかを探査しています。

眼科診療

暗い部屋で眼に光をあてて内外の異常を検査しています。

血液透析治療(入院室)

腎不全などにおいて体内に蓄積した毒素を除去する治療です。

鍼治療(検査・処置室)

椎間板ヘルニアではリハビリとしてツボ刺激療法も実施します。