メンバー Member

メンバー一覧

名前 研究テーマ
准教授 加藤 健太郎
Kentaro Kato
教員紹介及び教員一覧をご覧ください。
特任研究員 韓 永梅
Yongmei Han
トキソプラズマの潜伏感染機構の解析
特任研究員 レクエンコ フランセス
Frances Cagayat Recuenco
抗クリプトスポリジウム候補薬の薬効解析
博士課程2年
ビン カビル モハメド ハザズ
Md. Hazzaz Bin Kabir
クリプトスポリジウムの腸管寄生機序の解明
研究生
サブリン ミルザ シンシア
Mirza Synthia Sabrin
トキソプラズマの感染メカニズムの解明
学部5年
後藤 幸大
Yukihiro Goto
マラリア原虫の赤血球内寄生戦略の解明
学部5年
齋藤 晴伸
Harunobu Saito
トキソプラズマの潜伏感染機構の解析

メンバーの声

学部6年(当時) 野中基弘 2018年首席卒業
 
  現在、私は獣医6年生として本研究室に所属し、熱帯熱マラリア原虫に関する研究を行っています。獣医学課程では寄生虫学や分子生物学などを学んできましたが、ヒトの感染症である熱帯熱マラリアを扱うのは初めてです。また実験内容について理論的には理解していても、実際に手を動かすとなかなか成功せず、試行錯誤を繰り返しながら日々の実験に取り組んでいます。しかしながら、加藤先生をはじめ、研究室の先輩方に実験手技や思考法などについてご教示いただける環境に恵まれ、また加藤先生は基本的に学生の自主性に任せた自由な研究環境を与えてくださるので、大変充実した楽しい研究室生活を送ることができています。臨床に比べて基礎研究は地味ですが、未知の領域を明らかにすることに大きな魅力を感じています。学部卒業までにファーストオーサーの論文(筆頭著者論文)を投稿することを目標に今後も精進していきたいと思います。

注)Malaria Journalに論文掲載されました。2018年6月 目標達成おめでとう!


卒業生の進路
2018年 (学部)山形県 (ポスドク)田辺三菱製薬
2017年 (学部)三重大学大学院 (ポスドク)京都府立医科大学助教、ナイジェリア ランドマーク大学
2016年 (ポスドク)北海道大学助教
2015年 (学部)JA家畜衛生研究所 (大学院)帯広畜産大学ポスドク (ポスドク)アルバートアインシュタイン医科大学ポスドク
2014年 (大学院)帯広畜産大学ポスドク、フィリピン大学 (ポスドク)帯広畜産大学ポスドク

東京大学獣医微生物学研究室において直接指導した卒業生

2013年 (学部)農林水産省 
2012年 (ポスドク)上海獣医学研究所、東京大学医学研究所助教
2011年 (学部)農林水産省 
2010年 (学部)東京大学大学院 (大学院)東京大学ポスドク
2008年 (学部)化血研