本学は我が国で唯一の獣医畜産系単科大学として、大学院重点化単科大学の構想の下、日本の食料基地である北海道十勝の立地条件を生かし、農畜産に関する基盤研究実績にもとづく畜産衛生に特化した教育研究を実施しています。平成14年度採択の21世紀COEプログラム「動物性蛋白質資源の生産向上と食の安全確保−特に原虫病研究を中心として−」により、人獣特殊疾病感染症の教育研究に特化した専門拠点となった本学大学院畜産学研究科畜産衛生学専攻、原虫病研究センター、および大動物特殊疾病研究センターは、その実績を基盤として、世界最高水準を睨んだ畜産衛生特化型「アニマル・グローバル・ヘルス」の国際的拠点(AGH拠点)重点化を目指します。本拠点は、「セルユニット(機動的教育研究単位)」を軸として展開します。このセルユニットは5人前後の教員・シニアプロフェッサー・若手研究者(時限付き助教)・ポスドク研究員・大学院生等で構成される教育研究集団であり、機動的かつ柔軟性の高い組織単位です。このセルユニットの機動性を生かし、(1)高度専門研究能力(2)国際総合マネジメント能力(3)高い倫理感を含めたリーダーシップ育成の「三位一体型」戦略的人材育成を展開します。本AGH拠点は、「アニマル・グローバル・ヘルス」を【動物衛生】および【環境衛生】の二つのウィンドウから捉え、地球規模の視野に立脚し研究推進することにより、新しい学際領域の開拓を実行します。セルユニットを基盤として、アジア・アフリカ諸国における先端的研究成果の展開と、それらの地域から国際研究資源(人的・物的)の導入を実施します。また、本学独自の国際協力実績をもとにアジア・アフリカの主要教育研究機関を核とした国際連携クラスターを構築・活用し、セルユニットによる研究実施過程を「高度専門教育の場」として取扱い、世界に先駆けたアニマル・グローバル・ヘルス高度専門家の育成をおこないます。これらのAGH拠点活動により、畜産衛生学領域から新たに生み出された世界オンリーワンの「アニマル・グローバル・ヘルス」教育研究拠点の構築・実質化を強く推進します。