Cell Unit
 人や家畜の体表に寄生したり、感染症を媒介したりして、人や家畜の健康に直接的或いは間接的に害を与える動物を衛生動物といいます。家畜の場合、とりわけ衛生環境の優れていない発展途上国における衛生動物媒介感染症による被害が深刻です。そこで本セルユニットでは、衛生動物媒介感染症の制圧に焦点を当て、ラボにおける基盤研究とフィールドにおける実践的応用研究を両輪のごとく推進し、また、ラボとフィールドの間の双方向性情報発信とフィードバックを通じ、グローバル化時代に即した、畜産衛生学分野の高度専門家養成に必須な新たな学問ー「衛生動物媒介感染症疫学と予防学」の創成を図ります。 本セルユニットは、畜産衛生学専攻ならびに獣医学専攻所属の2名の教員と数名の博士研究員・大学院生からなります。玄は主に衛生動物媒介感染症としてマダニによって媒介されるバベシア感染症をモデルとした、1)原虫のベクターにおける発育機構の解明、2)原虫の宿主細胞への侵入機構の解明、3)原虫感染に対する宿主防御機構の解明、4)原虫感染症の診断法開発、5)原虫感染症の治療薬開発、6)原虫感染症のワクチン開発、7)東南アジアにおける節足動物媒介原虫感染症の疫学調査、8)新規診断法・治療法・予防法のフィールド応用などの研究を担当します。前田は主に衛生動物のなか原虫媒介能をもつ節足動物をモデルとした、1)東南アジアにおける主要節足動物に関する疫学調査、2)東南アジアの主要節足動物の採集と同定、3)主要節足動物のcDNAライブラリーの作製と、データベースの構築、4)主要節足動物のトランスクリプトーム解析による主要原虫の発育・伝搬に関わる遺伝子の探索、5)原虫の発育・伝搬阻止が可能な原虫感染症予防法の開発等の研究を担当します。
The major activities of this Cell Unit are as follows: 1) analysis of the arthropod parasite and host-parasite interactions; 2) surveillance of arthropod-borne diseases in Asian countries; 3) development of effective therapeutic and preventive methods for arthropod-borne diseases.
・前田 龍一郎 Ryuichirou Maeda
back    next