Cell Unit
 家畜や人の感染症の拡大(トランスミッション)の一因となる昆虫類には、伝播者(carrier)と媒介者(vector)が存在します。伝播者が感染動物由来の糞などに接触し、病原体の付着や体内への取り込みの後、単に病原体の運搬の役割をするのに対し、媒介者は、感染動物の吸血などにより病原体を体内に保有後、一定の病原体の発育や増殖を経て、他の動物個体へ感染症を媒介します。これまで家禽への感染経路が明らかでなかった鳥インフルエンザでは近年ハエ類が伝播者となることが示唆されています。感染症の媒介における伝播者と媒介者の特徴は大きく異なります。伝播者では、感染動物の排泄物などに関わる極めて多様な昆虫種が病原体の伝播に関与しうるため、伝播者の特定が困難であることに対し、媒介者は、蚊に代表されるように、宿主動物の血液を餌とする昆虫で、主体的な吸血行動により病原体を媒介するため、その種数は限られるが、個体の媒介能力が極めて高いことです。このため、伝播者では、「感染症に関わる種の特定やその野外生態」、媒介者では、「宿主動物を発見する行動過程」に関する研究が感染症の予防や伝播・媒介昆虫の防除にとって重要となります。感染症トランスミッション生態学セルユニットでは、人獣共通感染症を媒介する昆虫類に関し、分類学、生態学、行動学、および疫学を基盤とした融合かつ総合的な研究を行い、感染症の発生や分布拡大のリスク管理を昆虫に着目して実施する新規学術分野創出の基盤構築を目指します。
 教育研究活動の主眼を、1)鳥インフルエンザの伝播者となりうるハエ類の分類学的知見の整備と生態学的特性の解明、および野外個体からのウイルスの単離、2)マラリアの媒介者であるカをモデルとした宿主探索行動の解析に置き、大学院生を中心とした日本と東南アジアでのフィールド調査とラボでの行動解析や分子生物学的アッセイを複合した総合的教育研究を実施します。
Vector Ecology Cell Unit conducts studies involving taxonomy, ecology and molecular biology of zoonotic vector to conserve hygienic environment for animals. The objectives are detection of carriers of avian influenza virus and behavioral analyses of malaria mosquitoes.
・嘉糠 洋陸 Hirotaka Kanuka
・仲島 義貴 Yoshitaka Nakashima
back    next