グローバルアグロメディシン研究センターグローバルアグロメディシン研究センター

センター長挨拶

 人類の生活と国際社会の平和に「食料」は欠かすことができません。そのため、食料不足による貧困や飢餓、食品の安全性、家畜感染症の流行等「食」を巡る諸課題は、グローバル化が急速に進展する現在の国際社会において国境を越えた脅威として世界各国が取り組まなければならない重要課題となっています。

 グローバルアグロメディシン研究センターは、獣医・農畜産学分野で最先端の研究業績を上げている世界トップクラス大学や開発途上国において農学分野の進展に真摯に取組む大学との国際共同研究機能を強化し、国際社会が協調して取り組むべき地球規模課題の解決に貢献することを目的として2015年4月に新設されました。グローバルアグロメディシンとは「食に関わる世界の諸問題の解決に資する研究を推進し、地球上の人・家畜・農作物・野生生物・環境を総合的に守る」意味の造語で、本センターの設置趣旨、活動ビジョンをこの名称に込めています。

 本センターは、特に米国コーネル大学及び米国ウイスコンシン大学との大学間連携協定に基づき、所属教員を中心とした活発な人材交流を通して獣医農畜産融合の国際共同研究を推進するとともに、両大学が実施する先進的な教育プログラムの導入等を行います。これらの活動実績は、関係研究者間で国際共著論文として取りまとめるとともに、国際機関が主催する国際シンポジウムの場等で地球規模課題解決に資する研究テーマで発表します。









 

金 山 紀 久