グローバルアグロメディシン研究センターグローバルアグロメディシン研究センター

トピックス

2018/11/12
○米国ウィスコンシン大学マディソン校と合同ワークショップを開催
11月3日(土)に、交流協定校のウィスコンシン大学マディソン校から研究者8名を迎え、初の教育研究合同ワークショップを開催しました。



2018/10/17
○コーネル大学Anatomic Pathology Laboratory派遣 帰国報告
渡邊謙一先生がコーネル大学Anatomic Pathology Laboratoryより帰国しました。



2018/07/25
○コーネル大学農学部(土壌学)よりハロルド・ヴァンエス教授が初来学
コーネル大学農学部よりハロルド・ヴァンエス先生をお招きし、今後の共同研究の強化のために学内外で活動を行いました。



2018/07/06
○ウィスコンシン大学植物病理学科よりオーレリー・ラコトノラファラ先生が来学
ウィスコンシン大学植物病理学科よりオーレリー・ラコトノラファラ先生を招へいし、バレイショの植物ウイルスに関する共同研究を実施しました。



2018/04/16
○コーネル大学からヘレナ・デター先生が来学
コーネル大学獣医学部のヘレナ・デター先生を招へいしシェルター・メディシンについての特別講義の開催及び研究交流を実施しました。



2018/04/12
○コーネル大学からイリオ・グロン教授が4度目の来学
コーネル大学獣医学部からイリオ・グロン教授が来学し、春のワークショップ2018及び研究交流を実施しました。



2018/03/27
○ウィスコンシン大学からReed教授およびKrueger研究員が来学
ウィスコンシン大学マディソン校より動物学部門のReed教授およびKrueger研究員が来学し、講演および研究交流を実施しました。



2018/01/30
○ウィスコンシン大学 Collage of Agriculture and Life Sciences派遣 帰国報告
福田健二准教授がウィスコンシン大学 Collage of Agriculture and Life Sciences より帰国しました。



Study Abroad x Summer Joint Program 紹介ビデオ


※マウスを右クリックし、「動画を新しいタブで開く」を選択してください。

      



お知らせ

To be announced