教職課程

本学の教員養成の目標

 帯広畜産大学のルーツは、1941(昭和16)年創設の帯広高等獣医専門学校にあります。また、教員養成に関しては、1951(昭和26)年の総合農学科の設置時から、一貫して農業科教員と理科教員の養成を担う機関としての役割を果たしてきています。現在は、本学の専門性に照らして、高校段階の教員を養成することに特化して、教職課程を運営しています。本学の入学者は全国から集まっており、北海道をはじめとして全国各地に教員を輩出しています。

 本学は、生命・食料・環境をテーマに、農学、畜産科学、獣医学に関する教育研究を推進する、日本で唯一の国立農学系単科大学です。食と農の大切さ、動植物の命の尊さを心得た素養を基礎として、「農場から食卓まで」の幅広い視点で現場に適応できる知識と実践力を有するとともに、地球規模の課題解決等の国際的視野を備えたグローバル人材の育成をめざしています。

 本学の教員養成は、上記の本学の伝統、特色、ビジョンを踏まえながら、学部および大学院にて、以下の点に重点をおきながら、高度な資質をもち、教育現場で活躍できる教員の養成を目標としています。

 

(ア)持続的発展可能な社会の主人公を育てるべく、北海道ならびに地元において、
   親・地域住民の信頼を得ながら高校生の成長に責任をもてる教養を身につけること。

(イ)本学での獣医学・畜産学を融合した専門的知識と技能を、高校生一人ひとりの学びに寄与できるように、
   教育現場で適応できる素養を身に付けること。

(ウ)専門職としての教師のやりがいや使命を体得し、生涯にわたって、高校生とともに教え学びあえるよう、
   自己を高めていく力を身に付けること。

大学全体における教職指導体制・教員構成

 本学では教職課程の質の向上をねらいとして、教職課程の運営や教職指導を全学的に責任をもって行う「教職課程運営会議」を設置し、同会議を定期的に開催しています。同会議は、本学理事・副学長を長とする大学教育センター内で、とりわけ教職課程の改善を不断に行っていく組織として位置づいています。同会議のメンバーは、下記のように、2名の教職課程専任教員のほか、獣医学課程および畜産科学課程の各ユニットにて「教科に関する科目」を担当する複数名の教員、学務課教務係のスタッフで構成しています。

 なお、教職課程では、教職科目の授業担当のほか、新入生ガイダンスをはじめとする各種の教職課程ガイダンス、教育実習の指導、履修モデルの作成・提示、「履修カルテ」を活用した教職科目履修についての個別相談、教員採用試験対策セミナーなどを行いながら、学生の指導にあたっています。教務係は、主に教育委員会や教育実習校などの大学外の機関との連絡調整、各種教職課程ガイダンスの実施、教職課程履修上または教員免許状取得上に必要な事務処理を行っています。

 

渡邊芳之教授:教育心理学

平舘善明准教授:教育学

〇佐々木基樹教授:獣医解剖学〔中学理科・高校理科・高校農業科一種免許状取得〕

〇宗岡寿美准教授:農業農村工学〔高校農業科専修免許状、中学理科・高校理科・高校工業科一種免許状取得〕

〇折笠善丈助教:微生物利用学〔高校理科専修免許状取得〕

取得できる教員免許状

教員免許状取得状況

教員への就職状況

前ページに戻る