TOPICS
牛群検診技術支援

〒080-8555
 
帯広市稲田町西2線11番地 

電話:0155-49-5656 

FAX :0155-49-5654 

 field@obihiro.ac.jp

 毎回の講義・実習終了時にアンケートによる授業評価を実施したところ、全体的には良好な評価が得られた。特に、実習は期待以上の内容で、今後の業務にも役立つとの回答が多かった。

 グラフ中の数字は、講義・実習数×受講人数に対する回答数(講義:312、実習:195)

基礎コース
講義 PMの現状、乳検データの読み方
飼料品質鑑定法および飼料品質と牛の健康
βカロテンと牛の繁殖に関する最新情報
乳牛の飼料・栄養に関する基本用語の解説
繁殖に関する最新情報
家畜福祉とカウコンフォートの評価
農家とのコミュニケーション
代謝プロファイルテストの方法と検査項目の診断意義
実習 NOSAIシステムによる乳牛の飼料計算法(1)
NOSAIシステムによる調査表作成、検査データ入力、解析
NOSAIシステムによるMPT結果の解析、報告書作成
総合診断と結果の説明方法
発展コース

グラフ中の数字は、講義・実習数×受講人数(講義:260、実習:40)に対する回答数
講義 乳検データの読み方と牛群検診調査の着眼
飼料品質鑑定法
乳牛の飼料給与診断/飼料設計のガイドライン
家畜福祉とカウコンフォートの評価
飼給与診断と飼料設計(1)
補足(1):飼料用トウモロコシの使い方
家畜診療と酪農経営
飼給与診断と飼料設計(2)
農家とのコミュニケーション
MPT検査項目の診断意義、データ分析、指導書作成
農家への結果報告と指導(1)
補足(2):飼料用稲の使い方
補足(3):βカロテンと牛の健康・繁殖
実習 牛群検診(農家実習)
農家への結果説明と指導(2)
                           ページTOPへ    生産獣医療技術研修へ   概要へ