世界獣医年2011

帯広会場詳細
関西会場報告
東京会場詳細
宮崎会場詳細

------------------------------------------------------------------------------

why, with whom and how?
なぜ、誰と、そしてどのように行われる?

World Veterinary Year
世界獣医年
December 2010 (2010年12月)

Vet 2011, why?
なぜ、獣医2011なのか?


The world’s first veterinary School was founded in Lyon, France, in 1761, shortly followed by the Alfort veterinary school, near Paris, in 1764, both on Claude BOURGELAT’s initiative. This means that 2011 will mark the 250th world anniversary of veterinary training.
世界で初めての獣医大学は1761年にフランスのリヨンに、それから間もなくしてパリの近くにあるアルフォール獣医学校が1764年に開校しました。どちらもクロード・ブールジュラが開祖です。これは2011年が世界獣医学教育、250周年記念であることを意味します。

By setting up the world’s first veterinary training institutions, BOURGELAT created the veterinary profession itself. 2011 will mark the 250th world anniversary of the veterinary profession.
世界の獣医研修組織を立ち上げることで、クロード・ブールジュラは獣医師という専門職を作り上げました。この意味でも、2011年は獣医専門職創設250周年記念となります。

Bourgelat’s genius did not stop there. As a result of his fruitful collaboration with surgeons in Lyon, he was also the first scientist who dared to suggest that studying animal biology and pathology would help to improve our understanding of human biology and pathology. 2011 will also mark the 250th anniversary of the concept of « comparative biopathology », without which modern medicine would never have emerged.
ブールジュラの手腕はそれだけではありませんでした。彼はリヨンの外科医と協力し、動物の生物学や病理学を学ぶことが人の生物学や病理学をよりよく理解する手助けになることを最初に提唱しました。よって、2011年は比較病理生物学の250周年記念とも言えるでしょう。そして、かれらの尽力なくして近代医学は今に至らなかったことでしょう。

So, it is thus much more than the creation of veterinary training that we should be celebrating in France in 2011. The entire world should be celebrating our veterinary profession, which has been working to improve both animal and human health for 250 years.
したがって、私たちがフランスで2011年に祝おうとしているのは、獣医教育の創設記念のためだけではありません。過去250年にわたる動物と人類の健康に貢献してきた獣医師という専門職を全世界で祝福するためなのです。

We therefore propose that 2011 should be declared: World Veterinary Year
そこで私たちは2011年を「世界獣医年」と命名することを提案します。
We urge all Veterinary Institutions that support the idea to organise in their own country events to promote our profession. The main aim is to improve public awareness and remind policymakers everywhere in the world that:

そこで、私たちは世界中の獣医組織に獣医専門職のプロモーションイベントを各々の国で開催してくださいと一生懸命、お願いしています。主要な狙いは、下記の点において世界中で同時多発的な公衆の気付きとひとびとの意識を啓発することにあります。

Our profession has been serving humankind for 250 years,
・獣医専門職が人類に250年間サービスをし続けてきたこと、

Modern veterinarians are not only animal doctors and animal welfare advocates, they are also key public health stakeholders because of their crucial role in:
近代獣医療は動物の診療やアニマルウェルフェアを守るだけの役割ではなく、公衆衛生を向上させるためにも重要な役割をはたしています。たとえば;

reducing global hunger, 世界的な飢餓を減らす

controlling zoonoses, 人畜共通感染症をコントロールする

monitoring food quality and safety, 食品の品質や安全を監視する

biomedical research, 生物医学研究を促進する

protecting the environment and biodiversity. 環境や生物多様性を保護する

 

Vet 2011, with whom?
獣医2011は誰と協力して開催するか?

 

The major events of World Veterinary Year世界獣医年の主要イベント

24 january 2011 2011年1月24日:Official Opening Ceremony of the World Veterinary year世界獣医年の公式開会式(Versailles, France ベルサイユ、フランス)

From 13 may to 15 may 2011 2011年5月13日~15日:World Conference on Veterinary Education獣医学教育に関する世界会議(Veterinary Campus of Lyon, France リヨン獣医大学、フランス)

From 10 oct. to 14 oct. 2011 2011年10月10日~14日:International Closing Ceremony of The World Veterinary Year世界獣医年国際閉会式(Cape Town, South Africa南アフリカ、ケープタウン)

世界獣医年2011公式WEBサイト  http://www.vet2011.org/

 

門平研究室TOPへ