ようこそ門平研究室へ
Africa Veterinary Epidemiology Veterinary Communication

アフリカ/Africa


 

農民主導による普及手法(JICA研修)

背景

 農民数に対する普及員の数や能力の不足や遠隔地への普及の困難さは、途上国における農業普及の課題として常に上位に挙げられる。しかしながら、普及員数の増加は国の財政を圧迫したり、国によって普及の民営化政策と逆行したりするため、その実現は難しい。普及員に必要な能力は、技術能力とコミュニケーション能力に分けられるだろう。途上国では、教育における数々の問題のため、一般の普及員が科学的思考を持って課題に臨むことを困難にしている。加えて、コミュニケーション能力あるいはその重要性に対する認識の不足のため、農家が抱える課題を的確に把握できなかったり、農家からの得られる情報を軽視したりするという問題がたびたび起こる。遠隔地への普及については、交通手段などの問題を解決しなければ、普及員が頻繁に農家を訪問し指導する従来のアプローチには限界があるだろう。

農民主導による普及(farmer-led extension)は、このような従来の普及体制が抱える課題に対するソルーションの一つとなりうる。ただし、農民主導による普及においては、普及員の態度も変わらなければならない。普及員は“教師”というより、むしろ研修の機会を提供するプロモーターであったり、農家を動員するオルガナイザーであったり、試験の方法や科学的知見を伝授する控えめなアドバイザーであることが求められる。

 本プログラムで研修員は、科学的な考え方と地域開発的な考え方を学び、これらに基づきトレーニングカリキュラムを作成する。これにより、本プログラムに参加した研修員は、Farmer Field SchoolやFarmer-to-farmer Extensionといった農民主導の普及を計画し運営することができるようになることが期待される。

 そのため、本プログラムの対象者は、農業または畜産分野における普及部門に所属し、普及活動計画を自ら立案し実施促進できる立場にある者である。本プログラムは基礎的であるため、農民主導による普及の経験は問わない。

本プログラムは、約一ヶ月間、日本を代表する畑作および畜産地帯である十勝地方において研修を行い、カリキュラムを実際に作成する実践的なトレーニングコースである。

使用言語
英語

プログラム目標
帰国した研修員により、農民主導による普及が行われている。
指標1:帰国後3ヶ月以内に農民主導による普及の活動計画が所属組織またはプロジェクトにより承認される。
指標2:帰国後6ヶ月以内に農民主導による普及の活動が開始される。

上位目標
農民主導による普及を計画し運営できる普及員数が増える。

期待される単元目標と内容
単元目標1:農民主導による普及で用いるカリキュラムを作成できる(一週間)

  1. 農民教育:JA士幌町の事例
  2. 農民学校について
  3. 農業教育におけるカリキュラム:日本の事例(農業高校)
  4. 参加型手法(鳥のインフルの事例)と大人に対する研修手法
  5. 普及活動についてのアクションプランとカリキュラムの作成

単元目標2:基礎科学をまなび、応用科学との関係が説明できる(一週間)
1)  生物学、化学、物理学入門
2)  農業科学(テーマは未定)

単元目標3:地域開発における農業畜産の意義について説明できる(一週間)

  1. 十勝の農業と畜産の仕組み
  2. JA士幌町と士幌高校の役割
  3. 農家経営について

General Information for C/P joint training program
“Farmer-led Extension MethodT
JFY2011, JICA Obihiro

                                                                      
1. Background
Shortage of the extension workers and inadequacy of facilities/equipment is raised as one of the main problems of agricultural extension in developing countries. It is difficult, however, to secure new monetary and human resources in order to solve these problems because of political reasons such as financial difficulties and privatization. Thus, it implies limitations on the conventional approaches that an extension worker visits hundreds of farmers and gives advices.

Farmer-led extension could be one of the solutions to these problems of conventional extension systems. It can not only reduce financial burdens, but also have positive influences on diversity of farming and equal benefits for the target people of extension.For example, farmer-led extension can more involve women, who have not been recognized as the scope of extension despite the difference in their roles of farming activities and collective resource management from men.

In farmer-led extension, an attitude of the extension workers also has to change. They are desired to be a promoter who provides a training opportunity, an organizer who mobilizes the farmers or a mentor who advises mildly scientific methods and experiences, rather than “a teacher”. In developing countries, however, it is difficult for most of the extension workers to deal with a farmer’s problem in a scientific manner, because they have been given little practical training through the whole education. Additionally, often extension workers cannot identify the point of farmer’s problem because of insufficient understanding of its importance or lack of their skill of communication, and do not pay attention to information provided by the farmers.

The participants in this training program will design a practical curriculum, learning a scientific thinking way and rural-developmental ideas. They are expected to plan and manage farmer-led extension such as Farmer Field School and Farmer-to-Farmer Extension.

So, the program targets those who can draw up and execute a plan of extension activities by themselves. An experience of farmer-led extension is not required because the program is basic level.

The program is a practical training course. It is designed to not only develop a curriculum, but also enable the participants to make the farmers open their eyes to excitement and importance of scientific experiment. Moreover, they will learn the development process in Tokachi region, the biggest food basket in Japan, where the farmers used to live in poverty. Finally, they will design the contents of extension for sound development in rural areas.

 

2007年から2009年までの3年間はマラウイ畜産研修
2010年に企画書をJICAに提出し、
2011年JICA研修実施(1回仏語、JICA帯広予算)
2012年JICA英語研修(1回英語、JICA帯広予算)
2013年から2015年までJICA本部からの支援をうけ、年2回実施
2016年からはさらに3年間の実施が承認され、2018年まで延長

2010年8月13日 JICA帯広へ提案

 アフリカ  獣医疫学  獣医コミュニケーション  プロフィール  研究室メンバー  お問い合わせ
 Copyrighted by Kadohira's laboratory, All rights reserved, 2005