ようこそ門平研究室へ
Africa Veterinary Epidemiology Veterinary Communication

獣医疫学/Veterinary Epidemiology

 

 

第3回獣医地理情報学国際会議(GISVet)に参加して

写真1:コペンハーゲン大学の庭園


写真2:学会ロゴ 

2007年8月22日〜24日の3日間開催された第3回獣医地理情報学国際会議(GISVet)に出席する機会があったので、この会議の概要を報告する。開催会場は、デンマーク国コペンハーゲン市内にあるコペンハーゲン大学であった。GISVetは、地理情報学を獣医学研究に活用した成果を発表する場所として設立された。よって、疫学を専門とする獣医師だけではなくGIS分析に関与する地理学、数学、統計学およびエンジニア分野の専門家も半分を占めている。3年に1回開催される学会で、第1回目(2001年)は英国のランカスター大学、2回目(2004年)はカナダのグエフ大学が会場となった。

現在、私は内閣府の研究資金を使いBSEリスク評価に取り組んでいる。地域は北海道に限定しているが、個人情報が入手できないという状況を踏まえて、地理情報学を使った分析を行った。これはニュージーランドのマッセイ大学・疫学センターのDr. Stevensonとの共同研究である。研究課題は “The epidemiology of Bovine Spongiform Encephalopathy in Hokkaido, Japan, September 2001 to December 2006” であり、ウェブサイト(http://www.gisvet.org/)で論文の内容をご覧になることができる。

 アフリカ  獣医疫学  獣医コミュニケーション  プロフィール  研究室メンバー  お問い合わせ
 Copyrighted by Kadohira's laboratory, All rights reserved, 2005