ようこそ門平研究室へ
Africa Veterinary Epidemiology Veterinary Communication

獣医コミュニケーション/Veterinary Communication

 

宮崎口蹄疫の教訓から生まれた
チームビルディングのワークショップ
「やぐら鶴」研修会のお知らせ

 

「やぐら鶴」は、一人一人のチーム力を磨くカードゲームです。

2010年に宮崎県で口蹄疫が発生した際、防疫作業のため、日本全国から多くの獣医師等が集まって、チームを作り活動しました。その際、見知らぬ人たちで作った急ごしらえのチームでは様々な課題が生じ、獣医師にもチームビルディングのトレーニングが必要であることを痛感しました。
そこで、情報の共有、作業の分担、想定外の事態への対応、リーダーシップとフォロワーシップといったチーム活動に必要なスキルを学ぶツールとして、千葉県農業共済組合連合会に勤務する獣医師・堀北哲也氏によって「やぐら鶴」が考案されました。今回、この「やぐら鶴」を通してチームコミュニケーションのスキルを磨く体験学習を実施します。

日時:2013年1月8日(水) 13:00 - 16:00
講師:柴田 正志さん(静岡県東部家畜保健衛生所)
場所:帯広畜産大学(一号館総合棟E2501+E2502)
帯広市稲田町西2線11番地
対象:学生・家畜保健衛生所関係者や産業動物診療獣医師等

参加申し込み、お問い合わせ先:門平 睦代 (かどひら むつよ)
メールアドレス: kadohira@obihiro.ac.jp
電話:0155-49-5617
主催:NDK(農場どないすんねん研究会)および門平研究室

 

 

 アフリカ  獣医疫学  獣医コミュニケーション  プロフィール  研究室メンバー  お問い合わせ
 Copyrighted by Kadohira's laboratory, All rights reserved, 2005