ようこそ門平研究室へ
Africa Veterinary Epidemiology Veterinary Communication

獣医コミュニケーション/Veterinary Communication

 

けいよう女性の会 C支部 ワークショップ報告書

平成17年11月30日(水)
11:30〜3:00PM
C市農政センター
中央家畜診療所 天野はな,富津出張所 高橋紀恵

農家参加者10名

けいよう組合スタッフ6名

 本会合では今までの講習会形式とは趣を変え,獣医師が教えるという形はとらなかった。今回は,生産者自らが自発的に農場の問題点を考え,その解決法も自ら考え実行していくということを目指したワークショップ形式の集まりとした。

 

『自己紹介ゲーム』

「自分の牧場で何をしているか&この仕事の好きなところ・嫌いなところ」を言って自分の名前を紹介する。

   

1.Aさん:エサづくり・掃除・ときどき糞かき

好きなところ…慣れること(慣れれば楽ってこと?)、やればやるほど成果がでること

嫌いなところ…力仕事

2.Bさん:子牛の哺乳、育成、乾乳牛のエサ、糞かき、乳拭き(中国人がいなくなって、労働時間が1日10時間以上)

好きなところ…子牛がかわいい

嫌いなところ…乳房炎にして怒られること、言われるともう嫌になる     

3.Cさん:担当はすべて

好きなところ…時間が自由にもてること、牛が好き、世話が好き

嫌いなところ…特になし

4.Dさん:エサづくり、給餌以外のすべて

好きなところ…大きな目で見つめてくれる、やれば答えてくれる、動物相手の仕事なので素直になれる

嫌いなところ…牛が大脱走

5.Eさん:育成、帳簿、繁殖データ管理

好きなところ…小学生の体験学習を受け入れて、喜ばれたとき

嫌いなところ…大切に育てた牛が具合悪くなったとき
         夫と口をききたくないときでも一緒に仕事をしなければならない

6.Fさん:哺乳、搾乳

好きなところ…子牛が高く売れたとき

嫌いなところ…夫と一緒にごはんを食べているとき、夫に外出先をしつこく聞かれる

7.Gさん(農協):畜産全般、肉牛、肉豚、魚

好きなところ…動物とふれあえる事、動物を見ていて飽きない

嫌いなところ…畜産農家にわかってもらえないとき

8.Hさん:育児

好きなところ…子どもの情操教育になる

嫌いなところ…早起き

9.Iさん:育成、哺乳、搾乳、掃除

好きなところ…子牛のトップセールを出して、千葉日報に載ったのとき
          双子、三つ子(和牛)を無事出荷したとき
          お産した母牛の涙をみて感動

嫌いなところ…1日中夫と一緒なこと、糞だらけになるのが嫌い、
          汚いかっこうのときの来客がいや

10.Jさん:すべて

好きなところ…牛の仕事自体が好き

嫌いなところ…夫に怒られること(夫に下に見られていること)、
          仕事のすべてが夫の気分に大きく左右されること

11.Kさん:哺乳、搾乳補助、糞かき

好きなところ…?

嫌いなところ…家事と両立させているのに、夫に『遅い』と怒られる

『モーモー常識クイズ』(10問)

 自己採点式で実施。そのつど解説をつけた。個人で考えて(お隣と相談することなく)解答していた。答えが当たっても外れてもおとなしくしていた。
 10問中2問はその場では解説せず、2つのグループになって自分たちで答えの理由を考えてもらった。
(ゲームだけのワークショップを実施した事例では,知識の伝授を求める意見もあったのでクイズ形式のプチ講習を実施)

Q9. 搾乳用の手袋は滑り止めがないもののほうが良い→○か×か(答えは○)

   農家が考えた答えの理由

  • 子どもの手のほうが乳を出しやすい(やわらかい手のほうがよい)のでは?
  • ザラザラは脳細胞への刺激が強すぎて、何か悪いことがあるのでは?
  • 乳頭や乳房の異常をみつけにくいから?
  • 摩擦が良くないのでは?
  • 滑りの良いものをつけることによって、汚れが付きにくいのでは?

Q10. 前搾りを7〜8回すれば、バルクの細菌数を減らすことができる

→○か×か(答えは○)

  • 乳頭口についている細菌が入ってしまうから?
  • 残乳を捨てて、新しい牛乳を搾れるから?
  • 乳頭の先にたまっている細菌を出せるから?
  • 乳房を刺激するため?
  • 前搾りの牛乳を舐めて、甘ければ良し、しょっぱいとだめだから
 クイズを出す天野獣医師
天野獣医師と高橋獣医師と解答する酪農家

 

メインゲーム

『お母ちゃんのお悩み相談室ゲーム』

前ゲームで分けた2つのグループでそのままお悩み相談をしあってもらった。
今、自分の牧場や家庭で悩んでいること、やろうと思っているけどできないこと、などをグループ内で挙げて、それに対する解答をみんなで(あるいは自分で既に答えをもっていればそれを)書き出してもらった。

  1. 夫とコミュニケーションがうまくとれない

  2. 仕事の終了時間が夜遅い

  3. 年をとってきて、体力が低下してきた

  4. 作業効率が落ちた(だらだら仕事をしてしまう)

  5. 効率よく作業分担ができない(お父ちゃんが、なんでも自分でやらないと気がすまない性格のため)

  6. 自分の時間がない→解決案:便利な家電を購入してはどうか

  7. 疲れてしまって、やろうと思っていることができない

  8. 給料が安い(後継者夫婦)

 各チームともに大変盛り上がり、時間が押していたにもかかわらず、強制終了させることが難しいくらいだった。
人数はきりよく、5人ずつ2グループにまとまった。
意見が矢継ぎ早に挙がるので、記録が追いつかず、カレンダーの裏紙は埋まらなかった。
中には夫との不仲で行き詰っている非常に深いお悩みを打ち明けたお母さんもいて、そのひとりに焦点が集中し、話題が広がらなかったという想定外の事態も起きた。

悩みを相談する酪農家と高橋獣医師

発表する酪農家

 

アンケート結果(10人全員回答)

Q1.今日は楽しかったですか?

とっても楽しめた…5  楽しめた…5  ふつう・・・0,いいえ・・・0

Q2. 参考になったこと、勉強になったことはありましたか?

   大いにあった…6  あった…4  あまり・・・0   いいえ・・・0

Q3. 何か実行してみようと思いましたか?

   はい…9  少し…1  いいえ・・・0

  何を思いましたか

  • 乳房炎中の牛乳を子牛に飲ませない
  • 前搾りする、ゴム手袋の使用
  • 仕事でもプライベートでももっとコミュニケーションを取ってみる
  • 手袋のボリボリをつるつるに変える
  • 前搾りなど、できそうなことからやってみたい
  • 自分の時間を作る努力をしてみたい 

Q4. またこんなワークショップ形式の講習会に参加したいですか?

   ぜひ…6 できれば…4  あまり・・・0  いいえ・・・0

Q5. もしよろしければ今日の感想を一言?

  • ためになりました
  • さっそくお父さんに報告します
  • もっと時間が欲しかった
  • 眠らずにすみました
  • ○×クイズが間違いだらけで反省しました
  • まだまだ勉強不足…
  • 場所を変えて夫婦で参加するチャンスを作ってほしい
  • 今までの話より中身があって良かった
  • 戸別困ることはたくさんあるけれど、他の人の話を聞き、自分のためになるようにしようとおもいました
  • いかに夫婦のコミュニケーションが大事かと思いました
  • とても参考になりました。また参加したいです。
  • クイズ形式は良かった。
  • 結構それぞれ言いたいことがあるようだ。同じ仕事を家でしているのだからいろいろあるのだろう。
  • クイズは普段やっていることでも見逃してしまっていることが多く、再認識できて良かった
  • 家庭での問題点は解決策が見つからなくても、自分の中でもう一度考え直すことができたのでこれからの毎日の中で努力してみたい
  • 同じ仕事でしかわからない悩みを言えたこと、聞けたことはお勤めの家庭の人とはできない話ができて良かった
  • 貴重な意見が聞けました

 

今日の感想(天野)

  • 人数がちょうど良かった。

  • 自己紹介でかなりの時間をつかってしまったが、いきなり盛り上がったので滑り出しは好調だった。

  • クイズはみんな黙ってやっていたけど、かなり興味をひいていたように感じた

  • メインのお悩み相談室に時間がかけられず、中途半端になってしまった

  • アンケート結果でみたら、想像以上に好評だった

 

今日の感想(高橋紀恵)

  • 初めて参加させていただいたのですが、とてもアットホームで楽しめて、非常に参考になった。先生と生徒の関係だと、どうしても一方通行になりやすく、考えていることがわかりにくいが、今回の集まりは友達感覚で話が進んで、色々な意見・考えもバンバン出ておもしろかった。診療で回っている農家さんにも是非是非知ってもらいたい。

  • 仕事だけでなく家庭のことが、精神的に大きく関与しているのはどの職業でも同じだなぁと思った。

発表する酪農家

発表を聞く酪農家

 

 アフリカ  獣医疫学  獣医コミュニケーション  プロフィール  研究室メンバー  お問い合わせ
 Copyrighted by Kadohira's laboratory, All rights reserved, 2005