ようこそ門平研究室へ
Africa Veterinary Epidemiology Veterinary Communication

獣医コミュニケーション/Veterinary Communication

 

全国畜産支援研究会 農場どないすんねん研究会

 

 「全国畜産支援研究会」(会長:帯広畜産大学・門平睦代)が,2007年4月15日に発足した。

 本会は,獣医師や普及員などの畜産関係者が,生産者を指導するという発想から抜け出し、広く各分野の手法や考え方を取り入れて生産者(関係者自らも含む) の能力を引き出し、生産者の主体的活動による畜産経営の向上を図ることを目的として設立された。表記の正式名称に加えて,愛称を「農場どないすんねん研究会」,略称を「NDK」としている。

  本会は,ビジョンとして「食の安心・安全の実現と畜産物をつくる喜びを生産者とともにわかちあうこと」をうたい,このビジョンを実現するためのミッションとして「生産者主体の生産活動の支援」を掲げている。

  従来,農場の生産性向上のために,獣医学的,畜産学的な技術指導が行われてきた。しかし,一方的な指導だけでは改善しない農場も少なからず存在している。本会は,農場の問題を解決するためには「技術」に加えて,「人間」と「仕組み」が必要であると考える。「人間」とは,農場で意欲的に仕事に取り組む人々(夫婦,親子,従業員等)であり,「仕組み」とは,人々の意欲を高め維持するためのコミュニケーションスキル,啓発手法,問題解決手法,会議手法などである。本会は,この手法などを研究・実践し,生産者のやる気を高めることを目的としている。

具体的には,
1.生産者を対象としたワークショップの開催
2.情報発信(事例報告,各種手法の紹介など)
3.会員の自己研鑽(会員同士の勉強会,外部研修会への参加など)
を活動内容としている。

  本会の特徴のひとつに,同時多発的な活動がある。中央集約的な組織ではなく,各地で上記ミッションに基づいた様々な取り組みを実施し,その成果や問題点をメーリングリストや勉強会などを介して検討している。各地にキーパーソンが存在し,ワークショップ,HACCP関連,コーチングなど自発的かつ多彩な活動を展開している。
会のホームページ(HP)はないが,下記HPにて活動の一端を知ることが出来る。
・門平睦代HP(http://www.obihiro.ac.jp/~epi-africa/com.htm
・石井一功HP(http://homepage2.nifty.com/ishii_vet_clinic/
・山本浩通HP(http://agricoach.exblog.jp/

 現在,共に活動する会員を広く募集中である(会費無料)。本会への入会を希望する方は,石井一功(ishii@vet.ne.jp),堀北哲也(horikita@olive.ocn.ne.jp)宛に連絡されたい。

 


動物医療現場のコミュニケーションが出版されました。

獣医師にとって診療効果を高めるには、クライアントに対する効果的なコミュニケーションの習得が不可欠です。
獣医師には、クライアントが理解できるような説明をするだけでなく、クライアントの話を聴くスキル、疑問や要望をクライアントから聞き出すスキル、そしてクライアントに共感する姿勢やクライアントの信頼を得られる態度を身につけることが必要になります。

本書は、コミュニケーションの基本的な解説に始まり、動物医療において想定されるさまざまな場面におけるコミュニケーションについて事例を交えわかりやすく解説します。

やぐら鶴

詳しくはこちら
 

 

 

宮崎口蹄疫の教訓から生まれた
チームビルディングのワークショップ
「やぐら鶴」研修会の報告

 

 2013年1月8日(水)午後、帯広畜産大学(一号館総合棟E2501)にて「やぐら鶴」研修会を開催しました。2010年に宮崎県で口蹄疫が発生した際、防疫作業のため、日本全国から多くの獣医師等が集まって、チームを作り活動しました。その際、見知らぬ人たちで作った急ごしらえのチームでは様々な課題が生じ、獣医師にもチームビルディングのトレーニングが必要であることを痛感しました。そこで、情報の共有、作業の分担、想定外の事態への対応、リーダーシップとフォロワーシップといったチーム活動に必要なスキルを学ぶツールとして、千葉県農業共済組合連合会に勤務する獣医師・堀北哲也氏によって「やぐら鶴」が考案されました。

やぐら鶴


 この研修会(体験学習)の目的は「やぐら鶴」ゲームを通してチームコミュニケーションのスキルを磨くことです。講師は、堀北さんと一緒にこのゲームを生み出した柴田正志さん(静岡県東部家畜保健衛生所勤務)です。本学の学生の他に、NOSAI獣医師、家畜保健衛生所や普及所の職員、市町村の家畜防疫担当者や民間企業の方々など、30名の参加がありました。
まず、コミュニケーションと宮崎口蹄疫体験に関する質的研究に関する小講義から始まり、やぐら鶴に勝つためのコツが伝授されました。実は、このコツが、情報の共有、作業の分担、想定外の事態への対応、リーダーシップとフォロワーシップといったチーム活動に必要なスキルなのです。体験学習ではありますが、一度、ゲームが始まってしまうと、勝つことにばかり気を取られ、コツを忘れてしまうグループもありました。

 ゲーム終了後、各グループが自らの結果を採点し、その点数で勝者を決めます。しかし、この研修会で一番重要な活動とは、ゲームに勝つことではなく、ふりかえりタイムにおける意見交換です。ふりかえり用紙にもとづきチームで働くために重要なことについてチーム内で話合ってもらいました。そして、全体のまとめの時間で出された意見の中では、俯瞰的なものの見方の重要性に気づいたという点を指摘する方が多く、第3者的に全体を観察していた報告者(門平)にも大変印象に残りました。
研修会は、午後1時にスタートし4時過ぎに終了しましたが、アンケート記入時まで全員が熱心に参加してくださいました。ゲームに必要なカードは貸出しますので、興味のある方は、門平までご連絡ください。
開催案内はこちら→

 

ある研修会の例

獣医コミュニケーションあれこれ

講師:木村(北海道大学大学院医学研究科大学院生)と門平(帯広畜産大学准教授)
資料:論文の別刷りなど

領域(担当)

講義実習内容と目的

実施時刻

時間量

 

主催者側の挨拶、講師の紹介、研修会内容紹介

14:00−14:05

5分

アイスブレーク1
(門平)

時間をはかる(ゲーム):知らない人々と共同作業を行う前の頭と心の準備体操

14:05−14:15

10分

アイスブレーク2(門平)

自己紹介(ひとり1分):各自、失敗談(仕事でも私生活でもOK)を話すことで参加者の距離が近くなる効果あり

14:15−14:45

30分

講義と実習
(木村)
資料あり

医療コミュニケーションとは?:コーチングなどのコミュニケーションスキルがなぜ重要なのかを体験的に学ぶために、講義と併せて3つのワークを実施

14:45−15:30

45分

休憩

 

15:30-15:45

15分

講義(門平)
資料あり

疫学調査研究とコミュニケーションの関係を説明、また、NDK*の活動も紹介

15:45-16:00

15分

ロールプレー
(木村)

ここまで学んだ内容を実践してみるために、医学部などで行われる3人1組のロールプレーを行う。配布シナリオを使い酪農家役になり切った相手に対し、獣医師役が診察に挑戦。3人目のファシリテーターは、横から医療用語の使い方や視線、態度などを観察し、客観視と評価を経験。

16:00−16:30

30分

ワールドカフェ
(門平)

「獣医師にとってコミュニケーションとは?」:研修の振り返り(図を壁に張る、グループ毎にその内容を発表)

16:30−17:00

30分

こんがらがりゲーム(門平)

生産者の問題は生産者で解決したほうが早い!チームワークの重要性を体感する

おまけ

5分

*NDK(農場どないすんねん研究会)とはコミュニケーションを学ぶために獣医畜産関係者が設立した研究会

→アンケート

→アンケート集計


セミナーのお知らせ


牛白血病を考える!ワークショップ

2010/9/17(金)帯広畜産大学
 講義棟 34番講義室3F

 

Networking global agro-eco health projects
畜産衛生プロフェッショナルの挑戦
コミュニケーション能力向上のファーストステップ
(2009/7/22)

→詳細はこちら


Jane Shaw先生からの情報

■アメリカの獣医コミュニケーション教育について情報を入手しました。

→詳細はこちら

 

 


酪農経営者の問題

■症例1.

 平成20年1月31日、酪農経営者にとって今なにが問題なのか、K農協管内の酪農家など17名に話を伺った。
→詳細はこちら

 


雑誌に掲載された記事

臨床獣医に特集記事が組まれました。

以下特集の目次です。

【特集】
産業動物獣医療の可能性
〜ワークショップ〜


■ワークショップで主体性を育てる
-ワークショップ型講習会が生まれた背景-
/門平睦代

■獣医領域への参加型手法・ワークショップの応用
-生産者の主体性を引き出すために-
/堀北哲也

■ワークショップを用いて行った酪農家に対する
講習会の試み
/天野はな ほか

■A牧場でのスタッフ集会の事例
/島村 剛 ほか

Dairy japan
Dairy Japan 5月号のトピックスに”参加者全員がディスカッションしながら問題解決の糸口を見出していく『参加型手法、ワークショップって何?』より ”が掲載されています。

 

事例・学会報告

 

エス牧場の会・報告書

 

関係機関と連携して用いた 参加型手法による 酪農経営改善の試み

 

ワークショップ講習会開催の報告

けいよう女性の会 C支部 ワークショップ報告書

 

けいよう女性の会 (B支部)
「繁殖管理に関するワークショップ」報告

 

「乳房炎防除(体細胞低減)に関するワークショップ」を終えて
(共同研究者のちばNOSAI連堀北先生より事例報告がありました。

 

Application of participatory tools for improving communication between veterinarians and small scale dairy producers in Japan

 

第2回獣医コミュニケーション国際会議
  (International Conference on Communication in Veterinary Medicine: ICCVM) に参加して

 

 アフリカ  獣医疫学  獣医コミュニケーション  プロフィール  研究室メンバー  お問い合わせ
 Copyrighted by Kadohira's laboratory, All rights reserved, 2005