自己紹介

 

森松 文毅 特任教授

  

食肉会社で32年間勤務し、畜産物の機能性や食中毒菌の迅速診断法の開発などに携わってきました。
本学では、試験所・校正機関の国際標準規格であるISO/IEC17025の認定取得の支援や、社会ニーズの高い実践的な教育研究等を担当しています。