講義日程

平成27年度フードバレーとかち人材育成事業

 

講義日程及びカリキュラム一覧

 

ビジネスコース『企業戦略論』

《TOP》

1.講義日程
日時 タイトル 講師
第1講 10月 6日(火)
16時30分~
19時45分
マーケティング 小樽商科大学 教授 近藤 公彦 氏
第2講 10月 7日(水)
13時00分~
16時15分
経営戦略のケーススタディ 小樽商科大学 教授 近藤 公彦 氏
第3講 10月15日(木)
16時30分~
19時45分
経営戦略 小樽商科大学 教授 玉井 健一 氏
第4講 10月16日(金)
8時45分~
12時00分
経営戦略のケーススタディ 小樽商科大学 教授 玉井 健一 氏
第5講 10月21日(水)
13時00分~
16時15分
マーケティングリサーチ 帯広畜産大学 教授 仙北谷 康
第6講 10月22日(木)
14時45分~
18時00分
マーケティングリサーチ 実習 帯広畜産大学 教授 仙北谷 康
第7講 10月26日(月)
13時00分~
16時15分
事業戦略作成演習Ⅰ 株式会社インサイトマネジメント
代表取締役 坪井 真一 氏
第8講 10月28日(水)
13時00分~
16時15分
事業戦略作成演習Ⅱ 株式会社インサイトマネジメント
代表取締役 坪井 真一 氏

 

ビジネスコース『地域産業活性化に向けた経営論』

《TOP》

1.講師紹介

仙北谷 康
(国立大学法人帯広畜産大学 地域環境学研究部門 農業経済学分野 教授)

1987年、北海道大学農学部農業経済学科卒業。博士(農学)
1992年、鳥取大学農学部助手に。同大在職中の2000年春から約1年間、イギリスで青果物の流通を研究。
2001年、帯広畜産大学の助教授に就任。2014年より現職。専門は農業経済学、フードシステム学。

坪井 真一 氏
(インサイトマネジメント株式会社 代表取締役)

マイクロソフト日本法人にてマーケティンググループのリーダーを経験後、2006年に独立創業し経営コンサルティングおよび経営教育を実施する。
道内の企業150社以上の事業計画作成、海外展開支援を行う。また海外50か国以上の経営者、中小企業支援担当者の経営教育も実施している。理論だけでなく、実際の企業事例に基づいた活用法を考える参加型の教授法を得意とする。
2007年度より帯広畜産大学の社会人向け人材育成事業にてプロジェクトマネジメント、ビジネスプラン作成講座を担当。米国経営学修士(MBA)

2.講義日程
日時 タイトル 内容
第1講 6月15日(月)
17時00分~
20時15分
アントレプレナーシップ 起業シミュレーションゲームを通じて、起業に必要な心構え、準備を疑似体験し、これから学ぶ経営に必要な考え方の概要を把握します。
第2講 6月22日(月)
16時30分~
19時45分
企業戦略 企業が存続・成長して行くためには、それぞれの企業、環境にあった戦略が必要です。講義では企業・事業戦略の基礎的な考え方、フレームワーク、分析手法を学び、その活用法を考えます。
第3講 6月29日(月)
16時30分~
19時45分
マーケティング 顧客嗜好の多様化が進む現代においてより高度なマーケティングが必要とされています。講義ではマーケティングの考え方、必要な情報収集~分析~商品開発の手法の基礎を学びます。また実在の企業事例を使用し学んだ知識の活用法を実践します。
第4講 7月 6日(月)
16時30分~
19時45分
財務分析 企業の現状を把握するために財務分析は欠かせません。講義では企業の日々の経営に活用できる管理会計の基礎を学びます。また実際の企業事例を使い、各自基礎的な分析ができるようになることを目標とします。
第5講 7月13日(月)
16時30分~
19時45分
プロジェクトマネジメント 新規事業の実行、社内の改善等をプロジェクトで実施することも多いと思います。講義ではプロジェクトの効果的な立案・実行・管理手法の基礎を学びます。グループワークでミニプロジェクトの立案も体験します。
第6講 7月27日(月)
16時30分~
19時45分
ファシリテーション 企業経営あるいは他社・公的機関を含めたプロジェクトの運営にファシリテーションの技法を活用することでよりスムーズにまた効率的に行うことが可能になります。講義ではファシリテーションの技法の基礎を学び、実際に講義の中で活用の実践を行います。
第7講 8月 3日(月)
16時30分~
19時45分
事例研修(管内企業) 管内で積極的に経営に取り組む企業を訪問し、経営者自らの話を聞き、ヒアリング、討議を通じて実際の経営理論の活用法を学びます。
第8講 8月10日(月)
16時30分~
19時45分
経営分析 訪問した企業の事例を使い、今までに各科目学んだ知識・手法を総合的に活用し分析をし、各自基礎的な戦略提案を行い 本コース講義7回のまとめを行います。

 

《TOP》